FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

桜マス ライセンス

P1020604.jpg
令和3年度の桧山海区の桜マスライセンスの漁業者の認可標旗です。今年も春の気配が感じられる?ようになりまた海への意欲がわいてきました。朝日に輝き暗い暗い海から銀鱗を光らせ身をよじりながら必死の抵抗をする桜マスの魚体は、必死さ故美しく力は強烈です。この力強さ故皆さん強烈な力強い引き故そのファイトに楽しみを覚えるのです。2月の一週目を過ぎ親父のモードもお休みモードから春のマス釣りモードに例年ならば切り替わるのですが、今年はもう暦の上では春まじかなのですがまだまだこれからも寒波が続きそうです。例年ならば第一週が過ぎれば暖気が強まるのですが?。
現在桜マスライセンス制度が行われているのは親父の知る限りにおいては桧山、後志、胆振管内だけで行われていて渡島管内では行われていません。そのため桜マスが沢山釣れている函館、下海岸方面では行われていないみたいなのです。何故でしょか?、親父いつも疑問に思っていたのです。ライセンス制度が行われた当初はこのライセンス料は桜マスの養殖事業に協力する為と説明されていたのですが現在は桜マスの養殖は桧山管内では行われておらずニシンの養殖事業が行われているそうです。親父つい最近函館の同級生にお世話になり道中色々と話しをしていたら、函館港内のとある場所では良い型のニシンが良く釣れるそうです。日によって変動があるそうですが釣れる時は20~30本も釣れるそうで釣り仲間と連絡を取り合い釣りを楽しんでいるそうです。このように回遊魚には海区分けなどは無意味で魚に国境はないのです。適水温と餌を求めて自由に移動すrつ昔の親父のような自由人(フーテン)なのです( ´艸`)。
P1020616.jpg
そして今年親父が用意したのがこのペラクリンという金属防護塗料です。昨年上架してプロヘラについた多くの藤壺に仰天し何とかしなければと考えていたのです。速度の出ない理由の第一はこのプロペラに付いた藤壺や海草類で第二は船底に付いた藤壺だ!と考えていたのです。舵もひどい状態でしたが舵はそんなに抵抗がかからないので第三の原因でしょう。以前一年半位上架しなかった時舵からワカメが生え1m位になり仲間からワカメを養殖しているのか?と揶揄われた事がありますから。取説を読むとキチンと整備した状態からこのペラクリンを塗布しなければならないみたいで、不器用な親父にできるがどうか?同じ係留している船でも漁船のように稼動日数が多い船はやはり藤壺などが付かないみたいで親父のように専業者でない船は多くつくみたいです。船底塗料による違いは極端にないみたいです。今年はこの新兵器ペラクリンを塗布して、誰よりも早く漁場付き大漁間違いないでしょう?ただし親父が健常であればの話ですが?
スポンサーサイト



<< 謎のサークル出現? | ホーム | 最強のサーブ機 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム