FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ヤマセとバカ息子

P1020581.jpg
親父若かりし頃母親からヤマセとバカ息子は夜騒ぐと嫌味十分に良く言われたものなのですが、今朝夜半からのヤマセは本当に強烈な風でした。おやじ一時頃からこのヤマセの風が気になり熟睡することはできませんでした。船は上架してあるので転覆の心配はないのですが、船台の高さがあるので強風で船体が浮き上がらないか?と心配したのです。すぐに確認の為、見にいこうとしたのですが安全第一と見に行く事を躊躇ったのです。事実何か異常があったとしても暗闇の強風の中一人では作業することはできません。この写真を写したときはすでに風の向きが南西に代わり海は少し穏やかになっていた頃なのです。当然ながらフエリーは欠航でこれから風の向きが変わり強風になり明日も欠航が予想されます。
P1020582.jpg
上架している海響ですが強風に備え三方をブロックで結び固定しているのですが、まだブロックの重量が不足気味です。ちょうど手頃な大きさのブロックがなかったことと、これ以上大きければ親父の力では動かすことが出来ないのです。船台の高さはこれでも少し高くしたのです。船底を掃除したり船底塗料を塗るために高ければ塗る作業がそれだけ楽になるのです。しばらく暖気が続き積雪も少なりなり親父そろそろ作業を始めようと準備していたのですが、今回の寒波の襲来で作業の延期をしなければならないでしょう。良い本マスの情報は聞こえてきませんが陸からはチラホラ聞こえてきます。青苗地区ではよい形のカレイも釣れてきたみたいです。親父そのため体力強化のためウオーキングを始めたのですが、体力強化どころかヨタヨタ歩きが精いっぱいで皆さんにどこの老人だと言われる始末です。ノルデックウオーク用のポールを持って歩くのも余計にどこの爺さんだ?と言われるのかもしれません。そしてキナンポ親父だと確認した人は94歳の家の婆さんより歩く格好が悪いと言われる始末です。
P1020587.jpg
そして鍋鶴岩の沖合いの波の様子ですが今は南西の風ですが風が西又は北西に変わり大荒れになる予報です。未明の本ヤマセ(東)は常時20mぐらいの強風が続き家が揺れて軋んでいました。ヤマセとバカ息子夜騒ぐ!と言われていた頃は0時過ぎてから元気が出たのですが、最近では20時か21時には寝てしまい(もう起きていれません)朝早く目覚めてしまうのです。若い頃には予想だにできない事でした。老いるという事は恐ろしい事?ですね。




スポンサーサイト



<< 諺は事実だった! | ホーム | ターボツイストの水漏れ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム