FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大雪?と庭のおんこ

P1020551.jpg
大晦日から新年3日までのオンコの上に積もった雪です。強い寒気の影響で軽いサラサラ雪でしたが、暖気がきて雪が解けると枝が折る恐れがあるため雪降ろしをしました。実はこうした大雪の備え親父密集したオンコに丸く穴を空ける剪定をしていたのですがこうした方法が効果を発揮したのを初めて見ることができたのです。いままでは雪が降っても強風のため吹き飛ばされ密集した枝の上に余り雪が積もることはなかったのです。それが今回の年末寒波は強かったためサラサラ雪となり積もったのです。年末から新年にかけこんなに雪が積もったのは島では何年か振りで、考えてみると親父が意識不明で入院していた時も大雪でしたので3年ぶり位でしょう。その時親父は入院しているのは函館山の麓の病院だと思い込んでいて、函館はずいぶん雪の多い所がなああ!と思っていたのです。その後意識が回復するにつれ朝早くから病院前を除雪しているのは親父がいつもお世話になっている総合Sの社長だと知りその素早い除雪技術をまだ暗い病室の窓からみていたのでた。
P1020561.jpg
これは違うオンコの木の様子ですが密集した枝葉の中に丸い穴を空けた効果が見られる画像です。この剪定の仕方は親父札幌の庭師の石川さんから聞いた方法なのですが降雪量が少ない島では必要性はあまり感じなかったのですが、今回の雪でこの有効性が確認されたみたいです。そして海ではマスの話もチラホラ聞こえて来ていますが親父の場合は3月上旬までは我慢、我慢です。マスの便りは親父がまだ若かったころはクリスマスの頃には便りが聞こえてきたものなのですが地球温暖化の影響か?年々遅くなっているみたいです。はしりのマスは大型が釣れたもものなのですが現在はどうなのか?
P1020556.jpg
そしてオンコの木の下には婆さんがスズメに餌を与えるために設置した餌箱ですが、餌箱の周囲には不釣り合いな物騒な有刺鉄線がみえます。昨年の夏ごろ餌を食べているスズメの集団をどら猫がスズメを襲い、スズメを食べててからスズメが餌箱に寄り付かなくなったので猫を防ぐための有刺鉄線なのです。しかし猫も利口でこの有刺鉄線を避け巣箱の中に鎮座していることもあり、親父より利口かもしれません。しかし最近猫は来なくなったそうですが餌を朝早く餌箱に置いておくとスズメが来て食べているそうですが必ず数羽は隣の屋根の上で見張っていて人間や猫が近ずくと一斉に飛び立って逃げるのだそうです。素晴らしい学習能力です。そして餌がなくなると婆さんの居間の窓ガラスに近ずくそうでやはり学習能力が優れています。婆さんは平均生き物に好かれるようで池の鯉も婆さんの足あとがすると寄ってくるそうですが、親父の場合は親父の気配がすると鯉は物陰にいなくなります。池を掃除したり塩水浴させて鯉の健康管理もしているのに恩知らずの鯉達です。生き物類は本能的に親父の狂気、危険性を感じ取っているのでしょうか?普段は虫も殺せない気弱な人間なのですが、友人は親父は人が好いからだまされるのではないか?と心配してくれるのですが、親父は反対にうら若きXさんを騙してみたい?です。なんというハレンチな人間なのでしょうか?だから鯉にもスズメにも嫌われるのでしょうね。



スポンサーサイト



<< ターボツイストの水漏れ | ホーム | 新年あけましておめでとうございます。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム