FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

冬への備え 第三弾

P1020520_202012090518226d1.jpg
コロナ禍の為遅れていた上架が八日完了しました。お手伝い頂いた皆さんありがとうございました。これで冬季間安心して体力強化に励む事ができます。奥尻港の親父の係留場所は暴風にも一番強い良い場所なのですが、潮の干満でできる岸壁との高低差があると脚力の落ちた親父は船に飛び乗ることが出来ないのでう。そのため船の除雪は友達や家内にお願いしていたのです。乾いた軽い雪ならすぐ除雪しなくても良いのですが、最近は寒中の2月でも雨や濡れ雪が降るようになり(地球温暖化?)、重い雪が船上に積もると船の重心が高くなり簡単に転覆してしまうのです。そのため船の除雪は冬の大切な仕事なのです。
P1020521.jpg
船首方向から見た船首の船底の様子ですが約9か月の係留でこれだけの藤壺が付いています。これでも昨年の上架に比べたらきれいな方なのですが今年はやはり藤壺が付着しやすい水温、環境だったのでしょう?
P1020523.jpg
そしてスクレッパー?で藤壺をこすって落とした後の船首の船底で違いが判ると思います。港の上架施設ですと強力な洗車機?で強い水流で藤壺やコケ類を簡単に落とす事ができるのですがすべて手作業でしなければなりません。この後家庭用洗車機で船底を洗い船体の越冬準備が完了するのです。釣り仲間からはもう直ぐマスがくるのでマスシーズンが終わってから上架したらというのですが親父は上記のような理由からこの時期の上架なのです。やはりプロの漁師の皆さんもマス漁が終わってから船体を上架し整備する人がほとんどです。水温が下がる冬季間は藤壺などは付着しないという事もあるようですが。
P1020522.jpg
そしてスクリュウーとラダーの様子ですが藤壺が隙間なく付いています。これがエンジン回転数が上がらずスピードが出ない原因だったのです。3月26日進水時は2,900回転で25マイル出ていた速度が12月8日には2,500回転で17マイルしか出なかったのです。通常ならば2,500回転で21マイルでこれが通常の巡航速度なのです。エンジンに負荷がかかるし燃料消費量が多くなり良い事はありません。次回からはスクリュウーに塗布する塗料を塗らなければなりません。舵については操縦の影響ありませんがラダーの材質に悪影響を与える恐れがありますので対策が必要です。そして今季は過去最大のエンジン稼働時間で98時間でトータル1967時間でプロの漁師なら一年で使う時間です。このため親父の船体は15年経過後も1,967時間ですのでエンジンは絶好調の状態でちょうど当たり?が付いた頃で思春期から青年期への移行期なのです?。この船体に来季からは最強の乗組員が加わる予定です。Kさんよろしくお願いしますね。絶好調の船体に最強の乗り子のタッグで来季は大漁間違いなしで、魚が我が(海響)に恐れをなし逃げ出すかもしれません。良い初夢を見そうですね!しかし今年は海釣りを始めてから初めて海と魚の怖さを経験しそして最高に興奮した楽しい釣り人生でした。豊かな海に感謝です!
スポンサーサイト



<< これは何? | ホーム | コロナ禍の島  Ⅱ >>


コメント

感動的ですね

やっぱ凄いね、無理しないでます釣りまでのんびり、のんびり。         来月行きたいと思ってましたが、コロナでだめですね、3月の末頃まで我慢😣くれぐれも感染に気をつけて下さい。 

凄い船底でしょう。係留しているとこうなります。
来季まで我慢します。マス釣り頑張りましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム