FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

コロナ禍の島  Ⅱ

P1020513.jpg
またまた衝撃的な数字が出てきました。4日現在島内のコロナ感染者が54名になり島内人口が約2,500人ですから47人に一人という割合になります。日本全国でもこのようなPCR検査の陽性率の結果の高い割合はないでしょう。まさに異常事態です。巣籠りで家から一歩も出ない親父は情報を得るすべもなく、今日の情報の唯一はこのつりかけという日本共産党奥尻支部が週に一度発行する広報誌だけなのです。昨夜の広報おくしりの放送では桧山管内で17名の感染としか放送せず島の感染者数は放送しなかったのです。それで不審に思いネットで見てみると島では小、中生を含む17名の感染者となっているのです。なぜ正確な地名を言わないのでしょうか?島で17名か桧山管内で17名かは緊張感が全く違います。そして毎日夕方にはTVなどで北海道発表の感染者数が発表されますが北海道で何時に集約したものかも発表すればマスコミとの齟齬もなくなりより信頼性が増すでしょう。昨日の10代のコロナ感染者の死亡報道の「報道も衝撃を与えましたが結局が誤報という事で収まりましたがこうした初歩的ミスをするようでは政府の信頼もなくなります。誰ですかすでに政府は信用していないと言うのは?ひょっとしたら親父のような基礎疾患を沢山もっている高齢者は早く死ねば医療費の節約になり、ベストな選択なのかもしれません。今月16日まで島では不要、不急な外出は控えるよう自粛期間が設けられましたがそれ以外の手段はないのでしょうか?親父以前は島は常に潮風で消毒されているから島にはコロナが侵入するはずがないと言っていたのですが大きな間違いだったのです。猛省します。
P1020506.jpg
そして11月30日の奥尻パークゴルフ場の全景ですがラフの草が枯れコースがきれいに浮かび上がっています。本来は今日5日ボランティアの皆さんが集まりパークゴルフ場の後かたずけする予定だったのですが自粛期間中という事もあり順延となりました。密にならないとは言え自粛期間中という事で後かたずけ作業も自粛する事になりました。ボランティアの皆さんも高齢者が増え皆さんそれぞれ持病持ちが増えているのです。島では60代は若者、70代で現役なのですが親父だけは多数の基礎疾患を抱え身障者扱いで労働は免除されているのです。今年は降雪が遅く親父も30日最後のパークゴルフを9ホールだけ楽しみましたが急に腕前が上達したように思いましたが、良く考えてみたらラフの草が枯れたせいでラフからの直接ホールを狙えるからだったのです。
しかしこのようにコロナ感染者が増えると島に居ること自体が不安になります。昨夜は島のコロナ感染状況がNHKで全国放送された生で電話が鳴りっぱなしでした。人口比では札幌の方が安全だから婆さんを釣れて札幌に来たら?という内容の電話もありました。戦時中の疎開ではありませんがコロナの感染率が低い市町村に一時避難するのも親父のように多数の基礎疾患を抱える人の取り得る方法かもしれませんね。この広大な北海道でなぜこの小さな島でコロナが猛威を振るっているのでしょうか??
スポンサーサイト



<< 冬への備え 第三弾 | ホーム | コロナ禍の島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム