FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

コロナの離島と巡視艇かむい

P1020492.jpg
マスコミを賑わせている島のコロナ感染状況ですが、親父今朝久しぶりに愛艇海響のエンジンの暖気運転をしようと港へ行ったら江差海上保安部所属の巡視艇」かむいが入港してきました。親父今まで巡視艇の着岸、離岸は見たことがないので、その上(かむい)は普通のスクリュウで動く船ではなく、ウオータージェット推進装置なのでプロペラ船とは違うのです。その為どのようにして舵を切るのか興味があったのです。その上このかむい型巡視艇は九州南西沖不審船事件の時には不審船に銃撃を加えた名誉ある船と同じ船型なのです。そして着岸する巡視艇の乗組員を見てみると普段の制服ではなく全員が最近TVでよく見る白い防護服を着ていて、心なしか?緊張しているようにもみえます。
P1020499.jpg
そして陸の上には自衛隊の救急車も待機していますが、赤色灯も点いておらずそんなに緊張感は感じられません。そしてしばらくすると防護服に身を包んだ7、8人が現れ巡視艇に乗り込みます。昨日夜の広報奥尻で町職員一名がPCR検査の結果陽性にな教育育委員会事務局と海洋研修センターが臨時休業するという広報が流れていました。その事と関係あるのでしょうか?流言や噂に惑わされず正確な情報にもとずいて行動する事が肝心でしょう。閉鎖された島内では噂話が拡散しそれをいち早くキャッチする事が情報通と言われるという一面もありますので確かな情報を得る事が肝要でしょう。
P1020496.jpg
そして親父の一番興味のあった着岸離岸方法ですが、我が愛艇(海響)と同じく着岸は船首から離岸は船尾からでした。これは着岸の様子で船尾から水流が噴き出ています。後進時にはこの水流が船尾にぶつかるようになります。ウオータージェット推進ですから高速ですので、着岸時のロープを取る役場職員に聞いたら予定より早く着岸したと言っていました。きょうは比較的海が穏やかだったので予定より早く着いたのでしょう。島の場合は万が一コロナ感染が疑われる場合には海上保安庁の巡視船と決められている事もあり予定どうりの運航なのでしょう。しかし望んだ事ではないといえ最悪の事態が発生してしまいました。島外から持ち込まれた?のは違いないとしても経済交流が進むにつれ島を訪れる人は増えますし、それに伴いリスクが高まるのは必然です。我々一人一人が自己防衛する以外方法はありません。願わくばこのまま島のコロナ騒動が収束する事を!最近の奥尻島は悪い事で全国ニュースになる事が多いような気がします。奥尻高校のように明るいニュースで話題になるようにしなければ!
スポンサーサイト



<< コロナ禍の島 | ホーム | 冬への備え 第二弾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム