FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

キナンポ土木

P1020436.jpg
海に山に無職の親父はそれなりに暇がありません。あさ6時出港の後は約1時間休憩の後午後には山に道路を作りに出かけました。しかし連日のにわか雨のせいで土表面はぬかるみ状態でキナンポ土木の工事はさっぱり進まず、それどころか今まで完成した?と思っていた箇所もぬかるみ状態が進み反って悪化する始末です。そういえばこの時期?の山の工事は(道路壊し)と死んだ親父が言っていたように思い出しました。雪が積もりそして解けてぬかるみ反対に道路が悪くなるというのを思い出します。しかし親父は工事をやり終えた今朝思いだしましたのでやはりキナンポです。。4年前に植林した青森ヒバの下刈りの為の作業道を作る為なのです。まず杉を列状間伐した時の作業道に生えた笹を下刈りし、その上に砂利えを敷き完成させようとしたのですが連日のにわか雨のせいで土表面が乾燥せず軽トラではスリップし作業出来ないのです。やはりキナンポ土木と言われるだけの事はあります。
P1020435.jpg
そこでタイヤショベルを投入するのですがタイヤショベルの重量で道路がさらに沈下し液状化してしまいます。しかし迷オペレーターの親父が砂利を少しづつ入れながら進みますが予想以上の砂利の投入により砂利が無くなってしまい今季の作業は終了する事にしました。結局作業道は親父の思ったようには完成せずに終わってしまいました。青森ヒバは回りの笹などの雑草より高く成長するまでは回りの雑草を刈らなければないそうで、植林してから最低10年間は下刈りをしなければならないそうです。その為親父亡き後でも誰かが下刈りをしてくれる事を期待しての作業道作りなのです。後継者がいないのになんでそんな無駄な作業を!と思うかも知れませんが、せめて親父が生きていた足跡を残したいのです。今のままの人生では明日にでも死んだら数年間はああそのような馬鹿がいたなああ!で終わってしまいますが100年後に成長した青森ヒバを見た人は誰?が植えたのだろう?と考えるでしょう。そして海と森は関連があるみたいで魚つきの森?などと各地で植林されています。
P1020432.jpg
昨日の乙部方面から上がる朝日の様子ですがこの豊かな海?を育むのも森だそうです。親父を楽しませてくれた海の為にも親父の植林は一助となるかもしれません?海のカレイが海底に漂う広葉樹の葉を食べている様子がTVで放映されていましたが、やはり海と森は関連性があるのでしょう。島には調理師の森などまた建設会社が管理する21世紀の森など森に関連した施設が多くあります。先発後進と言われる桧山の海を、親父を楽しませてくれる島の海の再生を期待しましょう。。
スポンサーサイト



<< 最悪の鱈釣りと未確認魚 | ホーム | 第一回OPGチャンピオン大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム