FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

おまけの鱈釣り

P1020332.jpg
10月に入りブリ釣りの逆襲に燃える親父は今度は自分が漁労長を務め、松前小島周辺でのブリが釣れているとの情報を頼りに出漁しましたがまたしてもカラ振りに終わってしまいました。結果はO君が船長しても自分が漁労長を務めても変わらず、親父万が一ブリが釣れなかったら今年二度目の鱈釣りに挑戦しようとイカの刺身に不要な足、ゴロをクーラーの中に忍ばせていたのです。8月の第一回目の鱈釣りは一尾も釣れず親父いままでの鱈釣り人生で最悪の結果に終わっていたのです。9月末になりようやく鱈の情報が聞かれるようになり、海の色も山の色も秋色になり水温も下がり鱈が釣れそうな予感がしていたのです。そして沖の根での一投目、すぐに小型の鱈が二尾つれます。そして二投目からは良い型の鱈が二尾三尾と釣り上がります。そしてO君は鱈の血抜きと流れ作業で釣り上がり大型のクーラーはすぐに一杯になってしまいました。鱈の餌釣りを初めて経験するO君は驚いていましたが今回はたまたま爆釣しただけでこんなことはめったにないのだよと言います。漁労長の実力を強調する為なのですが(笑)いつもこんな調子でいたら鱈がいなくなってしまいますし、漁師は大金持ちになってしまいます。そしてこの日は上潮で0.3マイルと潮の調子も良かったのでしょう!
P1020330.jpg
そして海から見た陸の様子ですが白い大きな白い建物は航空自衛隊の官舎ですが、初めて島を訪れる観光客の中には島のリゾートホテルだと思うがお客様が沢山いました。現在は残念ながらホテルと名の付く物は島に有りませんが!そして連日のヤマセの潮風により広葉樹は茶褐色に潮焼けして、今年の島の綺麗な紅葉は期待出来ないかもしれません。まだ緑色の部分は終戦後植林された杉林です。東風(ヤマセ)の反対の島の西海岸はヤマセの影響を受けているのでしょうか?毎日釣りで忙しい無職の親父は知る由もありません。海も秋色になりようやく鱈も深海から浅瀬に上がって来たのかもしれません。O君の話ではまだタチも入ってなく鱈子も未熟の小さなものだったそうです。まだ抱卵したスケソも釣れていないので今年は真鱈の成熟はまだ後でしょう!例年ならば9月後半にはタチの入った鱈が釣れるのですが今年は猛暑だったので鱈の陸寄りも遅れているのでしょう?
スポンサーサイト



<< 皆さんごめんなさい! | ホーム | 日興電機杯PG大会 >>


コメント

元気の証拠

やはり自然を相手に遊べるのは元気でなくちゃ行けません。色々な危険を回避しながらの行動になりますよね。想像して嬉しくなりました。私も今年はコロナで仕事が減った分を畑三昧しておりました。日焼けしました。お互いに遊ぶために健康作りしましょう‼️😃💕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム