FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

終活そのⅠ

P1020036.jpg
4エレのHFのアンテナの最終部分が抜け落ちすっかりアマ無線に対する情熱を失った親父は、かねてから言われていた無線のアンテナを撤去することを決めました。幸い知人にお願いしたところちょうどこの時期なら仕事があいていて都合が良いということでジュストタイミングです。本来は11日に作業する予定だったのですが台風崩れの低気圧のせいで南の強風が吹き荒れカランセ奥尻の到着時間が10分も遅れるほどだったのです。高所作業なので強風は禁物で安全第一で作業を進めて欲しいのです。このアンテナは地震翌年位?に建てたものなのですが、当時このアンテナは江差、今金のアマチュア局と島のアマチュア局の協力で建てられたものなのです。しかし現在は江差、今金の」二局がサイレントキーになり島のAM局二局もサイレントキーになり健常で生存している人間の方が少なっているのが現状なのです。開局当時は12時1時まで毎日アマ無線を楽しんでいたのですが、携帯電話の復きゅうと共にAM無線も下火になっていったのです。そして親父も復興景気で忙しくマキクを持つことが少なくなったのです。そして要支援の体になってしまった現在、当然高い所での作業は即死を意味しますし、自分の手で作業することは不可能です。立つ鳥後を濁さず、のとうり自分の亡き後残された人間に負担をかけるのは忍びず決断したわけです。
P1020039.jpg
解体されたアンテナ類ですがあんなに苦労して上げてもらったのですが解体はで正味一時間ぐらいで完了です。海から15mぐらいしか離れていなにも関わらず腐食している部分はなく、当時あんてなを上げてくれた人達が丁寧に腐食防止の塗料を塗ってくれたおかげでしょう。そしてアンテナに使用されていたステンレスのビス類も簡単に戻り品質の良さがうかがわれます。作業してくれた人たちも海が近い割には腐食が少ないと言っていましたが最上部の鉄パイプは二重になっていて太いパイプの中にもうⅠ本鉄パイプが入っているという頑丈なつくりでした。これだから海のすぐそばという過酷な環境にもさび一つもなく耐えられたのでしょう。LZJ,EDA,TUJ,TSW局に心からありがとうとお礼を言いたいと思います。自分もそう遠くないうちにそちらに行くと思いますのでその時はアイボールして無線談義でもしましょう。
P1020045.jpg
そして上部が切断されたパンザマストですが下の二段部分だけが残っています。このパンザマストも地震当時使われていたものなのですがそれを無償で譲り受けたものなのですでに50年位使われていたものなのです。パンザマストの耐用年数は何年なのかしりませんがすごい頑丈なものです。この堤防のすぐ下は海なのですから頑丈さは想像できると思います。そして失意の親父はこの二段の上に違うアンテナを上げるjかなあ?といったら家内にあきられてしまいました。心の片隅にまだ無線がしたいという欲望があるのかもしれませんね?時には進むよりも撤退する勇気が必要です。昔の日本軍のように進軍、突撃だけではなく勇気ある転進も?GO TO トラベルも時期を見直せば良いだけですから。また脱線してしまいました(笑い)。
スポンサーサイト



<< 備えあれば患いなし? | ホーム | 奥尻の今 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム