FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リベンジそして撃沈

P1010023.jpg
まだ見ぬ大物を求め連日早朝出漁している親父ですが、2日早朝強烈なあたりがありましたがすぐに引きがなくなりました。ヤマセの波があり揺れる船上ですぐに強烈な?引きに気がつかなかったのも原因なのですが最大の原因は親父のミスだったのです。そして仕掛けを船上に引き上げるとなんと針がないのです。
P1010015.jpg
左側のラインにダルマクリップで針を結節していたのですがダルマクリップと針がなくなっていたのです。ハンドプレッサーによる締め付けが十分でなかったのでしょう。ハンドプレッサーの表紙には一回5秒のプレスでOKと書いてありますが、親父の場合は握力が多分女性より減少しているので十分にプレスしたつもりでも不十分だったのでしょう。脳梗塞のリハビリで握力計で握力を調べたのですが左は女性以下、右手も女性の平均値ぐらいだったのです。その為巨大魚用のスナップサルカンを指先で押して外すのも難儀していたのです。多分、夫婦喧嘩でもし肉弾戦になったら多分親父に勝ち目はなく、口撃戦でも負けてしまうでしょう?鬼門間近になった老人はただ素直に従うしかない」のでしょうか?そして中央が竿なのですが竿先の紐(なんというのでしょうか?)が竿先から抜け落ちています。この竿は30年位に買った時に結んだそのまま使っていたのでアロンアルファの効力がなくなっていたのでしょう。この糸の巻き方をみても親父の不器用さは当時のまんまです。そしてがっかりしたまま帰港しすぐに修理します。あくまで親父自己流の仕掛け作りでそしてこの仕掛けの作り方も間違いだった事が判明します。
P1010017.jpg
そして自己流の間違ったままで仕掛けを作り午後に完成し、逃がした大物を求めて恐怖のXの目を盗み単独強行出漁です。そしてこの日漁があったのか?数隻の船がまだ海上にいました。しかし親父の戦いは当たりもなく午後6時失意の帰港です。その時の島に沈む太陽です。右の観音山の上の鉄塔がドコモのアンテナでちょうど奥尻港に入港する目標になります。そして帰港すると冷やかしの釣り仲間が岸壁で待ち構えています。そして朝の失敗の話をすると親父の仕掛けの作り方には致命的欠陥があることが判明します。だるまクリップを止めるのにハンドプレッサーを使用するのですが親父の握力では力不足だと思い結節した後にアロンアルファを流したのです。するとアロンアルファをナイロンに使うとナイロンが溶けナイロン本来の強度が保てないというのです。アロンアルファによりナイロンの一部が溶けるのだそうで、親父仕掛けすべてをまた作り直さなければなりません。握力不足を補う為に考えた方法がNGだったとは?親父二重のショックで立ち直れません。朝晩と海に出かけ作り直した仕掛けがNGですっかり疲れ果て月、火曜日と寝て過ごしようやく今日からまた気力が出てきましたが、台風崩れの熱帯低気圧の接近でしばらく海に行けそうもありません。体力回復と体力増強に努めますが無駄なように思えます。























スポンサーサイト



<< シイラの代償 | ホーム | 最悪の釣り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム