FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ヒラメ釣り師匠誕生

P1040528.jpg
この画像は親父が26日早朝に前浜で釣り上げた画像ですが、親父これでも皆さんから仕掛け作りの仕方から針に至るまで周囲の人に聞きまくり渾身の努力の末の釣果なのです。しかしこの後同じ前浜にいたX氏の釣果を聞いて愕然としてしまいます。なんと親父より釣り時間が短くても約4倍も釣り上げていたのです。親父と同じ場所にいたにも関わらずこの差はどこからくるものなのでしょうか?漁具も変わらず、時間も同一時間帯、海域もほぼ同じで水深も同じなのに何故親父には釣れないのでしょうか?魚探の違いはあれ海底のヒラメが鮮明に映る訳ではなく、それともX氏の船には海底を映し出しTVでもついているのではないか?と思ってしまいますが海底TVはないでしょう?X氏俺はお金がないので親父のような高い釣り針は買えないので手作りなのだと言い親父がその針の贈呈を受け使用してみたところこれがまた釣れるのです。針にヒラメのすきな香料を塗っているのではないか?と匂いを嗅いでみますがその兆候もありません。親父のような老体と違いX氏まだ若いのでヒラメを引き付けるフェロモンをもっているのではないかというのが親父の見解です。釣果の差を色々と考えましたが納得できる理由が見つからず親父X氏をヒラメの師匠と呼ぶことに決めました。親父も全くのド素人ではなく昔は何十枚も釣り上げたことがあり、少なからず自信が有ったのです。その為娘二人はヒラメの刺身が大好きでヒラメの事をヒラメのヒーちゃんと言っていたほどなのです。凪がよければ三時半に起床し出漁ですがコロナのせいで出荷しても値段が安く赤字だそうです。しかし親父の隣の漁船は赤字を承知の上で毎日出漁します。なぜか聞いたところ小さい頃から漁師をしていて自分の船を持つのが夢だったそうです。そして自分の船を持ったいま凪さえ良ければ海に行けるのが最高の幸せだそうで、だから赤字でも出漁するのだそうで漁師の魂、鏡みたいな人でそれでいて柔和な人柄なのです。そして親父陸に上がると庭の選定作業が待ち受けているのでパークゴルフする暇もありません。庭の片隅にはスズランの花が咲いていましたが親父花は苦手でこれが親父が選定した境界のオンコです。
P1040534.jpg
P1040532.jpg
もし選定の流派があるとするならば何と聞かれたら?親父キナンポ流と名乗ります。
スポンサーサイト



<< 飛鳥Ⅱクルーズ中止! | ホーム | 奥尻町地元応援商品券 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム