FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

奥尻町地元応援商品券

P1040526.jpg
地域経済の活性化を図るために発行された地元応援商品券が親父の所にも届きました。町独自で発行された商品券で流通は奥尻町内で宿泊施設や飲食店、土産店で使用できる500円券10枚と、町内登録店(商店など)で使用できる1000円券5枚の合計で10,000円の商品券です。中でも民宿やお土産店、レンタカーなど運送業などの落ち込みがひどく心配されるのです。親父もレンタカーを営業していた経験もありその惨状を予想できるのです。全道5島に来ないでくださいという自粛キャンペーンもあり親父やむを得ない理由であのカランセ奥尻に乗船した時は乗客3名だけという事もあり、船好きの親父はカランセ奥尻が可哀そうになり、また運航経費も掛かり赤字を垂れ流すだけで勿体なく感じたものです。離島航路なので赤字の場合は国からの補助もあるらしいのですが今回は日本全国がコロナの影響なので何等かの補助があるのでしょう。地元応援商品券といい、一人10万円の特別定額給付金といい全て国金ですから経済回復後はいずれその分税金で徴収されるのでしょうから貰えるものは遠慮なく頂きましょう。また赤字国債を発行し国の金で国債を購入し現金が足りなくなったら紙幣を刷れば良いだけですからなにの心配も要りません?親父のキナンポ的思考です。
P1040525.jpg
そしてなんと商品券取り扱い店の紹介の印刷物に会社名や商店名ではなく親父の個人名が記載されていたのです。実は商工会から間違って髙田企画ではなく個人名を印刷していまい申し訳ない直ぐ訂正するからと言われ、親父余り気にも留めずにいたのです。そして今日婆さんが病院へ行き待合室にいるとまだ店やっているの?と聞かれたそうなのです。商店は2年前に廃業しているのですでに商品はないので婆さんは売る物は何もないと答えたそうです。この商品券はもし町民でパークゴルフを楽しみたい人がいたら利用できるようにするためにと商工会で考えてくれたのです。ですからパークゴルフを経験したい人、遊んでみたい人ならばだれでも利用できます。ただし1000円の商品券の方の利用なので一日券が500円なので二日分です、それに商品券利用の町民の方にはクラブなど備品はサービスいたしますのでぜひご利用お願いいたします。商品券取り扱い店に個人名を載せられ親父なにも売るものは無く困りはて体でも売ろうか?とも考えましたが誰もこのよぼよぼの老体を買ってくれる人はいないだろうし、もし若くてハンサムだったらジゴロでも否ホストか?なんて一瞬脳裏を横切りましたがその可能性は限りなくゼロに近いものでした。もし親父がデリヘルの経営をしていたら奥尻町はまたニュースで全国を賑わせていたでしょう?‼
スポンサーサイト



<< ヒラメ釣り師匠誕生 | ホーム | テスト送信です >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム