FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

試行 青森ヒバの挿し木

P1040463.jpg
何を血迷ったのか親父?パークゴルフ場の周囲に移植した青森ヒバを挿し木にして苗を増やそうと思い付きさっそく試してみる事にしました。このように親父は思い付いたら善悪を考えるより先に、成功の可能性を考える事なく即実行する単純な人間なのです。良く言えば素直、世間では単純馬鹿!なのです。挿し木による苗作りは島でも成功している人がいて人工のヒバ林もすでに出来ているみたいなのですが、すごい急な坂を上っていかなければいけないなので現在の親父には見学は無理なのです。その為ネットで挿し木について調べて実行したのです。青森ヒバは病害虫に強く法隆寺や五重塔にも使用されていたことでも有名で1,000年以上の耐久性が証明されているのです。その強さの為成長が遅く周囲からは親父何を血迷っているのだといわれるのです。青森ヒバが成木になるまでは最低100年以上必要で神社、仏閣用となると300年以上必要です。もし苗作りに成功しても後継者のいない親父にとっては意味のない無駄な作業に見えるのですが、孫のまた孫の時代にその青森ヒバの姿が見れるかもしれません。
P1040459.jpg
そして函館から仕入れてきた発根促進剤(まるで親父が欲しがっていた用な名前ですが)と剪定した枝の跡に塗る薬剤です。ルートンは挿し木する枝の根本に塗り土に挿すのですが、その土も赤玉と鹿沼を混ぜ合わせたものがベストらしいのですが島の量販店に鹿沼が品切れだったので親父の場合は赤玉と腐葉土を混ぜ合わせて作りました。
P1040460.jpg
そして発根促進剤ルートンを塗って完了です。さてこの試み成功するでしょうか?残り少ない親父の長大な夢ですが夢を見ながら迎えるのも良いものでしょう。挿し木に使用する枝も親の木が形が良く成長の良い木程良いそうで、まるで人間社会と同じく親が東大卒なら子も東大に進学するようなものです。そして遮光のシートをかけて完成です。
P1040464.jpg
そして奥尻パークゴルフ場には大会中止の張り紙が!
P1040465.jpg
5月10日に予定されていた高齢者事業団主催によるパークゴルフ大会(年代別によるハンディ戦)の中止のお知らせですが、親父の珍説(島はいつでも潮風に」より殺菌されているからCOVID-19は生存しえないという説)にも関わらず時流には逆らえず中止となったそうです。でも「収束宣言」後には大会が開催されるみたいなのでご安心ください。今日の島は視程が100m位の濃い濃霧に覆われていますがその中でも一人のプレイヤーが練習に励んでいました。ですから最近は愛好家が増え奥尻パークゴルフ場が島で最高の集客力があるのでは?と思っています。今広報奥尻で航空機、奥尻空港霧の為欠航のアナウンスがされました。フエリー二便も濃い霧の為天候調査です。「都市封鎖」ならぬ「離島封鎖」でいとも簡単にできてしまいます(笑い)。昔はこうした濃霧がかかるようになると大物の桜マスが釣れたのですが、巷では今年のマスはもう終わったとの声がちらほら聞こえてきます。あのマスの大群はどこへ消えたのでしょうか?
スポンサーサイト



<< 合鍵とコロナウイルス | ホーム | カランセ奥尻子供の日バージョン? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム