FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上架 成功

P1040106.jpg
寒風が吹きフエリーも欠航した12日午後一時から我が愛艇(海響)の上架が行われ、さすがプロ集団?強風にもかかわらず予定通り行われ無事成功しました。強い西風が吹き難儀するのでは?と思っていたのですが手伝いの人達も怪我することなく終わりほっとしています。これで次3月頃船を浮かべる時まで大時化の時化繋ぎの心配もなく、重い濡れ雪が降っても転覆の心配もなく安心して過ごすことができます。実を言うと岸壁と船の船弦の高さに高低差があると和尚船に飛び乗ることが出来ず困り果てていた(このような時は家内が船に飛び乗り除雪をしていた)のです。身体能力も家内以下だった(以前はPetジュースのキャップも開けることはできなかった)のです。最近はリハビリの成果が若干目に見えてきて強い海の男?復活の兆しが見えてきたのです。しかしこの寒さに和尚の体は凍えてしまい満足な手伝いが出来なく終わってしまいました。
P1040104.jpg
こうした状況の中最強の活躍を見せたのが和尚が何から何までお世話になっているHさんで、その身軽さと潜在能力の高さですべてを取り仕切ります。まさに最強の助っ人です。和尚はこのような状態でも船から岸壁に一人で下りることは出来ず岸壁にいる人の手をつかまなければ降りれないのです。和尚の軟弱ぶりが理解できると思います。ですから今年和尚がぶりや黒い魚を大漁したという噂が流れたときも和尚はただ船長をしていただけで釣り上げたのは同乗者だったのです。現在なら10キロのぶりでも船上に上げることは無理で反対に海中に引きずり込まれるでしょう!今日から三ヶ月間雨にも雪にも暴風にも負けずリハビリに励み脳梗塞前の状態まで復活させるん事が目標です。
P1040114.jpg
一年半以上港内にあったラダーとスクリュウの状態です。今まで上架した中で最悪の状態で藤壷の上に藤壷が重なりあい、スクリュウにも藤壷が付きスクリュウの根元には切れた魚網が絡まり最悪中の最悪の惨状でした。ですからエンジンも回らず速度も出ずその上軽油の燃費も悪く軽油だけ激減りする状態だったのです。ですから漁業者は必ず年に一度は上架し船底掃除をするのです。稼動日数が格段に多いプロでも年に一度は整備するのですから稼動日数が少ない和尚の場合は年に二度ぐらい上架するのが理想でしょう。今年の場合は海響の上架する順番になり上架設備のワイヤーが切れて使用不能になると言った特殊事情があったと言え最低年に一度上架しなければ船体の安全は保てないでしょう。良い反省材料になりました。ラダー、スクリュウの亜鉛がまだ残っていたのせめてもの救いです。明日からはヒハビリを兼ね藤壺落としに励みます。
スポンサーサイト



<< 船底掃除 | ホーム | 海響の上架準備 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム