FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

海響の上架準備

P1040100.jpg
上架の為赤石漁港に回航され一時係留されている我が愛艇(海響)ですが、和尚の体力的な問題の為冬期間は操業が無理な為春まで陸上保管することになりました。現在係留している奥尻港は地方港湾でどこにでも上架して保管することはできずその為前回もお世話になった赤石漁港の管理者にお願いし上架の許可を快く頂いたのです。奥尻港の立派な上架施設も故障箇所がようやく直り簡単に上架する事が出来るのですが、長期間上架する為には船を移動させねばならず、和尚その移動方法が分からないのです。そして船を移動させる為には多数の手伝う人が必要みたいで船を移動する現場を見た事がないのです。船体に布製の太いベルトを架けクレーンで吊り下げ上架する方法は2,3人の手伝いで簡単に上架する事が出来るのです。その為たまに乗船し釣りをしたことがある友人に連絡しお手伝いOKの承諾をいただいているのです。ベルトを船底に回し釣り上げるまでの時間は10分もかからず簡単な作業なのです。
P1040097_20191211053236684.jpg
P1040095_2019121105311407d.jpg
赤石漁港の位置は奥尻港から4キロ南で通常ならば5分もかからず行ける距離なのですが海響の船底は一年6ヶ月も上架していないので船底、スクリュウに苔、藤壺が付き速力が出ずその上南風で船首から波をかぶり10分もかかってしまいます。しかし赤石港口に着くと海上は凪になり島の港では一、二を争う程安全な港と言われているのです。そしてこの漁港は島の漁業の未来を担う奥尻漁業の潜水部会の本拠地港でもあるのです。久しぶりの海で操船に専念し海水温を見る余裕もありませんでしたが、同じ波の高さでも夏と冬では船体に受ける衝撃は全く違い冬のほうが強力なのです。多分温度による水の密度のせいかも?いずれにしても船上でのふんばりが効かない和尚の足腰では間違って落水したら厳寒の海では5分も生存できないでしょう。若い頃は死を恐れませんでしたが年をとり死が現実に近いものになると死を恐れるのでしょうか?若い頃は死が現実のものではなく遥か遠い未来のこととしか想像できなく、近未来の事として捉えることが出来ないから若い頃は誰でも?元気もりもりなのでしょうか?そういえば認知症は近い過去の事から忘れて行き遠い過去の事は覚えているといいます。和尚も近未来に認知症に見舞われる前兆でしょうか?
P1040103.jpg
赤石漁港利用規制案内図ですが北海道では漁港の規制が厳しく本州方面では規制が比較的緩やかだそうで、この話は日本一週中のヨットマンから聞いた話です。北海道では漁業が盛んで経済の大きな比重を占めているという理由があると思うのですが本州の小さな漁港ではどこでもウエルカムで歓迎されるという話を聞きました。和尚この赤石港に多分来年3月頃までお世話になります。その間リハビリに勤め逞しい海の男になりぶりにも黒い魚にも負けない強い海の老人になりますので赤石漁港の皆さんよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



<< 上架 成功 | ホーム | OPG クローズしました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム