FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

紅葉と鱈の貧果

DSCN1028.jpg
今朝の林道脇の紅葉の進み具合です。今年は台風や爆弾低気圧の襲来が島に無かった大きな影響を与えなかったので綺麗な紅葉が期待できそうです。昨日海上から島の紅葉を写したのですがピンボケでした。デジカメなのですが波の影響でピントが定まらなかったのでしょう。紅葉もやませ(東、南東の風で島には秋田沖に低気圧、台風が来た時に最強の風が吹きます)の強風が吹かなかったので今年は綺麗な紅葉が期待できます。やませの風が吹くと山の葉達は暗褐色に染まってしまい島の西側の山まで暗褐色に染まってしまうのです。恐るべきやませの力です。ちなみに島の諺に(やませと馬鹿息子夜騒ぐ)と言う諺があり、和尚がまだ若かりしころよくこの諺は本当だと母親に言われていました。道路の先に見える緑の杉はこれで60年以上経っているいのですが成長が遅く年輪が込み良い杉材に成って欲しいものです。
DSCN1026.jpg
そしてしばらくぶりに海上は凪の様なので鱈釣りに強行出漁です。いつもなら10数分で到着する宮津沖の根まで30分近くもかかる有様です。船底に藤壺などが付き速力がでないのです。その為エンジンに負荷がかかっているのす。前日沖の根で鱈釣りをしたプロは30キロしか出荷しなかったと言っていましたので、大漁は期待出来ないだろうと思っていたのですがやはりその通りでした。潮は上潮で5~8マイル水温は14度(水温計は船体から離れ浮遊状態)あり鱈釣りに良い条件に思えるのですがどのポイントに行ってもいつものように釣れません。それに例年うるさい位に釣れるスケソーの反応が無くまたスケソーも釣れないのです。いったい海はどのようになってしまったのでしょう?結局この日は一尾入れで発送したのは5箱、二尾入れで発送出来たのは一箱で後は自家用という貧果でした。海上はチョピーな波が立ち和尚は船上で立つのがようやくの状態でクタクタに疲れ果ててしまいました。二週間の入院生活で足の筋力が弱っているのでしょう!リハビリに励み筋力強化しなければなりません。まだ36箱の空のハッポーが待っているのですから。
DSCN1025.jpg
この二尾が今日の最大級で5キロ前後です。そしてやぶ医者で有名なDrキナンポの出番です。右手に薄い手袋をつけ内診、触診の始まりです。そして5尾の内診の結果はキナンポDrの判定はオスが一尾で後はメスでした。タチは熟していて完璧なものでした。送られた人からの報告では卵も大きなものが入ってていたそうです。最終的なDrキナンポの判定結果確認が出来るのは明日夜になるでしょう。寒波と共に鱈の美味しい季節がやってきます。体力の強化特に脚力の強化に努めなければ!
スポンサーサイト



<< 鱈釣り 冬バージョン | ホーム | 自衛隊員と自衛隊協力会パークゴルフ大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム