FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

鮫への反撃

DSCN0908.jpg
9月1日宮城からW会長が鱈釣りにやってきました。和尚はあいにく体調面での不安があり知人に乗船をお願いしたのですが、いつもより早々と切り上げてきました。どうしてか?尋ねたところ鮫に取り付かれ船から離れないそうで、それも大きな鱈に食いついて持ってゆくのだそうです。そうしている内に用意していた錘もなくなり仕方なく切り上げたのだそうです。そして鮫は大きな鱈に食いつき小さな鱈には目もくれないそうです。鮫の頭が良いのかそれとも単にサメの目が悪いだけなのか?そして和尚が考えついたのがこのヤスでこれならボートの近くまで浮上し鱈を狙う鮫を一撃で仕留めれそうです。そしてヌタにして食べてリベンジする作戦なのです。身は外見に似ず味噌漬けにすると以外と美味しいのです。人類で最初にナマコを食べた人は凄い勇気の持ち主だった?のではと想像できます。
DSCN0904.jpg
そして和尚が鮫に襲われることを想像して準備したのがこのテグスとむつ針で、このテグス(針用で20号)は津波の前に倉庫にあつたものなのですが流された倉庫の残存物の中から回収したものなのです。25年以上経っているものなので強度的には問題があると思っていますが、昨年もこのテグスを使用しているのですが全く強度的には問題がなく、ただ和尚の針との結び方が悪く大物の鱈が上がってくる途中で針ごと居なくなっているのです。そして上がってきた仕掛けを見ると針の結び目が解けているのです。脳梗塞後左手に力がはいらず針も満足に結べなくなりましたがまだ自家用に食べるぐらいの量は釣ることができますのでよしとしましょう。ただ時化た海の上では足腰が弱まり踏ん張ることが出来なくなrってしまいました。これからは天候にも配慮し高齢化にも配慮し漁業者に迷惑をかけないよう安全第一に釣りを楽しみます。
DSCN0906.jpg
そしてサメに取り付かれ不満ながら帰港したW会長、従業員用にハッポーで宅急便で発送しますがまだ鱈の本数が不足で不満気ですが、和尚ここで重大なことを耳に挟みました。なんとこの鮭用ハッポーが島では余り売れないので、島の宅急便では取り扱いしなくなると言うのです。事実島では鮭が水揚げされず需要は少ないと思いますが、この鮭用ハッポーは氷を入れクール便で送ることが出来る最大のサイズなのです。これ以上大きくなるとヤマト便では送ることは出来るのですがクール便で送ることは出来ないのです。だから本州に送ることは秋とは言え不安が残るのです。道内なら氷が入っているし大抵なら2日位で着くので問題はないのですが。そして和尚が秋の鱈の時期に知人に鱈を大漁して送る場合に備え特別に発注したのがこの鮭用ハッポーです。あまり準備が良いと鱈に馬鹿にされて釣れないような気がするのですが準備が良いにことに越したことはありません。果たしてこのハッポーの数だけ良い形のオスの鱈が連れるのでしょうか?乞うご期待。
スポンサーサイト



<< ベラヴィスタ杯パークゴルフ大会 | ホーム | こっ君とONちゃん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム