FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

利尻島訪問記 Ⅱ

P1030974.jpg
人生初の黒色ハイヤーによる観光はドライバーの親切な案内により順調に進みますが利尻島の場所が分かる簡単な標識ですが、以前は小樽と海路で繋がっていたそうです。サハリンまで100キロで稚内の倍の距離ですので外国航路も簡単に開設できそうですが、現在は稚内サハリン間航路は営業されていません。ベテランドライバーは花と草の違いの分からない和尚に一生懸命車を止め草花を指差しながら説明してくれますが、××の耳に念仏状態状態です。そして海栗の身採りの終わった漁師の人達に奥尻からのお客さんだと紹介すると漁師の人達はニコッとして下に頭を下げてくれますが同じ島同士連帯感を感じます。そして海栗の値段を聞くと前日までは9,000円だったそうですがこの日は6,500円だったそうです。しかしうに丼の値段に変化はなく4,000円前後でしたので和尚は今年はまだうに丼を食していないのですが修行の身の上ぐうっと我慢でした。この差が奥尻と利尻の差で需要と供給の関係で経済の原則です。札幌のホテルなどでも土曜日はグンと値上がりし日曜日になると下に戻り、また普段と違いハイシーズン料金を設定したり、レンタカーなどでもハイシーズン料金料金を設定しています。和尚も以前は良心的でない、ボッタクリだなどと思っていたのですが今、冷静に考えてみると一年間この仕事でご飯を食べている以上当然だと思えるようになってきたのです。またこれが利尻の実力なのです。
P1030972.jpg
そして江戸時代後期北方警備についた会津藩の藩士達を弔う碑が島内に三箇所もあり顕彰碑が作られています。当時の粗末な住居やビタミンなどの栄養不足、帰還途中に船が沈没したりでかなりの犠牲者が出たのだそうです。そしてドライバーからラナルド・マクドナルドの話を聞きドライバーの豊富な知識に関心し利尻の旅が思い出深いものになりました。この人物は密入国の罪で捕らえられ長崎に送ら座敷牢に入れられたそうですが藩士に英会話を教えペリー来航の折には英会話を勉強した藩士が活躍したそうです。日本に憧れ捕鯨船の乗り組み員となり自ら希望し利尻に上陸したラナルド・マクドナルドは野塚という所に上陸しここには上陸記念碑があり、日本初の英会話教室を長崎で開かれたそうです。P1030983.jpg
名前は忘れましたがこのような小さな祠にもきちんと整備されていて本当に暇なく島内を休む暇なく説明してくれます。観光資源とは物だけでなく人物の造詣に深さで、物(資源)と人(人物)が合わさった物が観光資源といえるものではないか?と思えるのです。その点わが奥尻島は人材不足の観は否めません。(あくまで和尚の主観)です。
P1030964.jpg
そして永遠のアイドル吉永小百合さん主演の映画のロケ地など本当に沢山のビューポイントがあります。
P1030990.jpg
そしてオタトマリ沼など沢山の観光客でにぎわっていますがやはり綺麗に整備されています。沼と湖の違い分かりますか?うろ覚えですが水深で決まるのだそうで水深5m未満が沼で水深5m以上が湖に分類されるそうです。キナンポ頭の和尚ですから自信はありません。そして利尻ではポン山、ポンモシリ島などポンがつく地名が多くあるそうですが、ポンはアイヌ語で小さいという意味だそうで、和尚妙に納得です。そういえば小さい真鱈を島ではポン鱈と言います。ひょっとしてポン鱈のポンはアイヌ語ならば納得です。白い恋人の絵はオタトマり沼近くから見た利尻山だそうですがあいにく利尻山は見ることが出来ませんでしたが、残念がるドライバーにもう直ぐ離婚するので離婚記念旅行だから利尻山は見えなくて当然と言いドライバーを煙に巻く和尚でした。


スポンサーサイト



<< 技能者協会&青苗PG愛好会月例会 | ホーム | 利尻島訪問記 Ⅰ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム