FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

奥尻レピーター(中継局)の廃局

DSCN0739.jpg
奥尻レピーター(JP8YDL,439.74Mhz)のは廃局が5月10日認められました。この画像がそのレピーター(無線中継局)なのですがあの平成5年の南西沖地震以降ウニマルパークセンタービルに設置されていたのですが、昨年秋以降突如電源が入らなくなり中継を中止していたのです。地震直後は八雲町にあるレピーターを臨時に移設して運用していたのですが、その後全国のアマチュア無線家に募金を呼びかけそのお金でこの無線機を購入し島に設置されていたのです。そして島のアマチュア無線家には小型のハンディ無線機が与えられ、毎週土曜日にはロールコールが行われ函館や青森局などとの非常通信訓練なども行われ復興の一助にも役立っていたのです。しかし携帯電話の復及に伴い無線の有効性も薄れレピーターの使用も少なくなり影を薄めていたのです。その上中継器が旧型になりメーカーからも部品の調達が困難になっているとの連絡が入っていたのです。そして島でも3度の養成過程講習会を開催し免許状所有者を増やしたのですが携帯電話の普及に押されてしまったのです。そしてついに奥尻レピーターの廃局になったわけです。いままで募金に協力していただいた全国のアマチュア無線家に心から感謝申し上ますと共にこのレピーターを有効に活用させていただきますのでご安心ください。本当にありがとうございました。
DSCN0740.jpg
そしてレピーターの側に設置されていたAIS(自動船舶識別装置)中継局ですがキナンポ親父の自宅に移設されました。AISは国際VHFを使用し全世界の船舶の位置、船名、進路、速度、目的地などが60秒ごとに更新されるものでパソコンで簡単に見ることができます。ハートランドフエリーのカランセ奥尻などにも設置され現在位置なども知ることが出来、特に大時化の場合の遅れ具合なども知ることができます。そして奥尻海峡を通過する大型船の国名、目的地、速力なども知ることが出来、親父のような船好きには楽しいものです。なお親父の愛艇海響や小型漁船にはAISの設置義務はありません。
スポンサーサイト



<< 長寿会花見 | ホーム | 2019北海道道の駅スタンプラリー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム