FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

令和はブルーだった?

DSCN0699.jpg
平成最後の30日親父念願だったスキンヘッドを断行したのです。いままではお客様相手の仕事という事もあり。悪い印象を与えるのではないか?という心配もありまた社会的慣行もあり自粛していたのですが、無職になり残り少ない人生自由に生きようと決め、決行したのです。親父荒れる男子高校生の頃規定より髪が長いという理由で髪を五厘刈りにされた事があったのですが、当時有名だった教頭先生に良い頭の形をしているんじゃないか!と誉められた事があったのです。それが心の片隅にありスキンヘッドにあこがれていた側面もあったのです。そして床屋さんで頭をバリカンで刈り上げ蒸しタオルで頭を何度も蒸しカミソリで刷りますが何度もシェービングフォームを付け剃ります。そしてまた蒸しタオルを頭に撒きその繰り返しで完成したのがこの頭です。青アオとして初々しさが現れています。そして昨日亡き親父の月命日でちょうど住職さんが来たので親父この頭を見せ和尚さんお弟子にしてください、一緒にお参りに歩き自分はお布施専門に回収しますからと申し出た所一言で却下されてしまいました(笑い)。最高のバイトにありつけるか?と思ったのですが、税金も課税されないしベストな内職だと思ったのですが。そして出家し損ねた親父の法名は芳明と書いてホーメイと読みこれからはホーメイ和尚と呼んでもらおうと目論んでいたのです。が弟子入りに失敗した以上は自分で宗教を立ち上げる以外にはなく、自分の経験から一度死んでも生き還るキナンポ教を創設し親父が教祖になるという方法しかありません。二度の脳梗塞からも奇跡の生還をした親父が教祖なら後光がさしているので御利益はてき面に保障されているでしょう。改元に沸き立っている社会の中で自分勝手な妄想を抱いている親父の令和の印象は、冷たいLEDの光の中で昭和初期の悲しい歴史を思い起こした事でした。令は命令を連想し命令で昭和の暗い時代に戻されたらたまりません。令和の決定過程も徐々に明らかにされ最高権力者の意向が強く反映された過程が紙面を賑わせています。令和元年を礼賛の社会風潮の中親父のようなひねくれた者がいるほうが健全な社会でしょう。令和元年からホウメイ和尚と呼んでください。スキンヘッドにしたら楽かと思いきや想像以上に手入れが大変みたいでホウメイ和尚の残された時間も短いかもしれません。
スポンサーサイト



<< 青苗パークゴルフ愛好会ペアーマッチ | ホーム | アメリカからのLove Call? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム