FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アメリカからのLove Call?

DSCN0692.jpg
3月4月と親父にアメリカからのAir Mailが届きました。親父幼少の頃、島で唯一のインターナショナルスクールに在籍していたので?、話せる英語は唯一 ハロー OK アメチャン ガム頂戴 のワンフレーズだけなのですがなぜこの老体の身にと疑問に思ったのです。そして小学生の頃米軍のジープを見かけると意味も分からず大きな声で言っていて今は亡き親父に叱られた記憶があるのです。血を流して戦った敵に媚びるような姿が許せなかったのでしょう。平成の現世からは考えられない光景でしょう。
そしてあて先を良く見るとJG8UGPという親父の世界でたったしかないコールサインが書かれているではありませんか?アマチュア無線の世界では奥尻郡は非常にモテルのです。親父もこのくらいモテればイスラム教に改宗しなくても良かったのに!
DSCN0693.jpg
内容は奥尻郡から交信して欲しいとのことなのですが親父今までにアメリカと交信したことは一度しかなく、それもサンフランシスコ在住の日本人との日本語での交信だったのですが、国内よりクリアに入感していてビックリした記憶があるのです。アマ無線での交信は英会話の必要も無く日時と信号強度とコールサインの交換だけで成立するのですが親父の貧弱な設備ではお空のコンヂション次第でしょう?そしてW4UAT局の運用可能周波数帯、時間が書かれているのですが3アマの親父では出力が不足です。その上遠距離通信には有利なCW(通称電信トトツーなどという)が理解不能なのです。親父の知っているモールス信号はーーー・・・---という有名なSOSだけです。今ではSOS信号も発せられることは無くなった事でしょう。記憶力の衰えた親父がーーー・・・---(SOS)だけを覚えているのは多分必要に迫られての事なのでしょう。
DSCN0690.jpg
そして親父初めてアメリカ局宛に書かれていたアドレスに返信しますが何度送信しても戻ってきてしまいます。アドレスを何度も確認するのですが間違いはありません。アメリカに送信するには何か必要なものがあるのでしょうか?それとも機器の接続の問題なのでしょうか?DSCN0694.jpg
そして親父に強力な援軍が6月のムーンライトマラソンの応援に来ることがほぼ確定したのです。マラソンの応援をかねながら島の観光に木古内からと青森から三局が短時間ですが島からCW電信を運用する事がほぼ確定したのです。遠距離通信に強い電信なら時間帯、周波数が合えば交信が成立する可能性は非常に高くなります。W4UAT局6月のムーンライトマラソンまでお待ちください。この他アマ無線にはIOTAといい世界中の島々と交信するアワードなどいろいろな楽しみ方があるのですが無職になっても暇のない親父は無線を楽しむ余裕もありません。どうしたものでしょう?
スポンサーサイト



<< 令和はブルーだった? | ホーム | たらんぼ(たらの芽) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム