FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

たらんぼ(たらの芽)

DSCN0686.jpg
PCが思いの他簡単に直りブログもUPできるようになりました。メールも送信できるようになり返信がないと心配していた方にもご心配おかけいたしました。原因は親父の単純なミスで恥ずかしく報告できません。親父の低知能がばれてしまいます。昨日山へたらんぼを採りに行ってきました。例年ならばゴールデンウイーク中が最盛期なのですが今年はキトビロも早かったので多分ちょうど良い頃だと思い家内を連れて出かけたのですが介助者を連れて行って正解でした。たらんぼはちょうど出始めでまだ早かったのですが(親父の丸秘ポイント)、昨年は全く問題なくクリアしていた道路の2mぐらいの斜面を登ることを今年は一人で道路まで上がることが出来ないのです。そのため尻を下から押してもらうという屈辱的な助けを受けたのです。足、腰の筋力の衰えは一年とは言えず、親父いつも利用している函館のカイロプラティクで治療を受けた時筋肉が随分落ちていますよといわれリハビリの必要性を感じていたのです。その上地表に落ちている枝に足をとられ思いっきり転んでしまい、持っていたボートフックで杉の枝を殴りますが不整地を足を上げないで歩く自分が悪いのです。老人になると小さな段差でも良く転ぶようになると言いますが本当ですね。と言うことは親父もすでに要介護が必要な老人の域に入るということでしょうか?!
DSCN0687.jpg
そして約30分間での収穫の結果ですが3分の2はたらんぼ採り初体験の家内の成果ですが、親父山菜の中ではたらんぼが一番の好物なのです。グルメとは正反対の立位置に居る親父なのですがたらんぼのえぐみ?とも言うのでしょうか?、良い表現が見つかりませんがやはりたらんぼが大好きなのです。このままの体調ですともう好物のたらんぼ採りの出来る年数も残りすくないように思えます。今でもボートフックを杖代わりに持って歩かないと山の不整地を歩くことは出来ないのです。何故?山に海の用品を持って行くのかだって?、一つは杖の代わり、二つは高い所にあるたらの芽をとるためボートフックを伸ばし枝の先にフックを引っ掛け枝を折らないように注意しながらたらんぼを採る為なのです。どうですか?親父にしか出来ない海と山との融合、異文化交流?親父の出鱈目ぶりが現れてるかもしれません。昨夜の久しぶりの雨でたらんぼが急成長したかもしれません。海に山に身障者一歩手前の親父には過酷な季節の始まりですが、座して死を待つより、好きなことして人生を全うするのが親父の希です。幸い三人目の孫の名前が高希ですから親父の分身かもしれませんね。決して爺のようにならないで弱きを助け強きを挫く強い男になってください。
スポンサーサイト



<< アメリカからのLove Call? | ホーム | 座布団ひらめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム