FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

海響の試運転

DSCN0672.jpg
昨年の11月以来奥尻港に海上に係留されていた海響が約五か月ぶりに試運転しました。その間エンジンを始動し暖気運転はしていたのですが船底にはコケが付き藤壷の付着も予想され船体後部から船底を覗くと1m位に成長したワカメが舵についているのが確認できていたのです。親父札幌での大きな仕事を無事終えようやく心の余裕が出てきたのです。この間ブログ更新用のPCが不調で会う人達にPCの直し方を聞いて回ったのですが直せず今も不調のままなのです。これは事務所の仕事用のPCなのですがなんとか更新出来るみたいです。そしてマスの便りが東海岸からも聞こえるようになり我慢できず試運転して海響の現況を熟知しる事にしたのです。エンジン、魚探、レーダーなど航海機器は全て順調なのですが、只エンジン回転数が2,600回転しか回らず速度も19.3マイルしか出ないのです。上架後は2800回転24マイル出ていたのですからスクリュウに藤壷が付着している為回転数を確保できないのでは?と推測されます。速度さえ我慢すればまマス釣りは楽しめますので上架する船台が空くまでの我慢です。いままではカランセ奥尻に追いつく事も可能だったのですがカランセ奥尻に負けてしまいそうです。
DSCN0669.jpg
海上から見た奥尻港の入り口ですが正面が観音山で頂上に立つアンテナがドコモのアンテナです。この観音山は霊場にもなっていて地蔵様を巡りながら山頂を巡る事も出来るのです。親父若かりしころ日本海縦断ヨットレースが行われ隠岐の島から佐渡島そして奥尻島までの大きなヨットレースが行われた事があったのです。その時の優勝者がBOC(単独世界一周ヨットレース)で有名な多田雄幸(艇長)さんだったのです。レース後の多田さんの行動もビックリ?するような行いだったのです。今日の全盲のヨットマンの太平洋横断成功のニュース映像を見て今は亡き多田雄幸さんを思い出した訳です。そして親父東海岸用に仕掛けを作り直さなければならず、超特急の速さで明日からの釣りに備え作り直します。親父の顔を見てマスが逃げ出さなければ良いのですが。今日は南部地区からもマスの便りが聞かれ希望が持てそうです。今日は早く寝て明日に備えます 乞うご期待!
スポンサーサイト



<< マス釣り 初日 | ホーム | OPG大規模改修工事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム