FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

夢破れる!

CIMG2337.jpg
当然と言えば当然、当たり前と言えば当たり前のことでが親父の夢は果敢なく消え去りました。10億で島に老人設備を作ろうと思ったのですがやはり夢物語でした。たかが18,000円の投資?で10億円なんて、今の日本では景気の良い人なら100万円ぐらい年末ジャンボに投資?している人は沢山いるでしょう?単純な親父は動機、目的が正しければ神が親父の上で微笑んでくれるかも?と淡い望みをもっていたのです。無神論者の親父が都合の良いときだけ神に期待するなんて虫が良すぎます。神もそんな親父の心を見透かしていたのでしょう。また埼玉のKさんも正夢になりそうな気がするといってくれるなど親父も妄想が膨らみ続け妄想が妄想を呼び込むなど夢は発展し続けたのです。場所はどの変が良い?建物は建築費を圧縮する為木造でそれが島の林業の成長に繋がるなど、介護士さんは外国人材を受け入れ教育設備も備えるなど益々拡大し10億では不足しパンク状態だったのです。
CIMG2336.jpg
しかし現実は1800円の配当?でこれに+αしてUNICEFに送ります。未来の子供達のために!飽食の現代社会においても子供食堂なるものが作られる一方他方では多量の食材が廃棄される現実がありますが発展途上国では栄養失調による死などまだ助けることが出来ない現実があるのです。そして小学生虐待死なども昨日報道されていましたが何故助けて上げられなかったのでしょうか?大人たちの責任は重大で、反対に大人が病んでいるのかも知れません。親父が元気なら死に至らしめた親?を同じ目に合わしてやるのですが残念ながら気力はあっても体力が無く返り討ちにあってしまいます。そんなんで妄想が膨らみ続けた親父は港で会ったKさんに夢を話すとそれなら出来たらすぐに家の婆さんも頼むというのです。90何歳で自宅で一人暮らししているので不安だというのです。親父すぐに安請け合いしてOKといいますがこれが親父の悪い所なのです。親父の妄想の中の世界なのにOKしてしまうのですから精神錯乱状態です。そんなわけでKさん親父の夢の中での出来事でした。ごめんなさい。それにしても島の人は何故こんな老人介護施設の事を声を大にして言わないのでしょうか?子供に資力のある人たちは親を都会の老人施設に預けることができますが残念ながらそれも出来ない家族が沢山いて、都会の施設に預けることが出来ない家族のほうが多いのが現実なのです。親父の知っている範囲内でも島外の施設にお願いしている人が3名もいます。近所で老老介護の家庭も何件もあり介護疲れから体調を崩す人もいるのです。病院と介護施設は根本から違います。家の親父も病院に入院した時病院のDrに病院に入院したら歩けなくなりますよ!と言われました。当然です、病院は病気を治療するところで老人を介護する場所ではないのですから。町の担当者は病院の空きベットが多数あるからそこに収容すれが病院の赤字解消にも繋がると安易に考えているとしか思えません。もしそうなら行政担当者の想像力欠如であり無能力です。何故島の人は自分たちの悩みの声に出さないのでしょうか?狭い島の中で波風を立てたくないという島国根性が働くのでしょうか?それともフエリーの欠航などで人間は自然には敵わないのだという的外れな忍耐力があるのでしょうか?でも変わらなければならないのです。
スポンサーサイト



<< 専門店の実力 | ホーム | 奥尻 あれこれ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム