FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

さくらます船釣りライセンス

CIMG2304.jpg
明日から5月21日まで檜山管内では矛盾に満ちた?さくらますライセンス制度が実施されます。今年は不漁年に当たるらしくまだ良い情報がありませんが、昨年の暮れには青苗で岸から投げて1.2キロのマスが釣れたそうです。そして正月中には船で700グラムくらいのマスが一本とほっけが5本という貧弱な釣果、北防波堤で1キロクラスのますの情報など芳しい報告はありません。親父昨年は入院中のため一度もます釣りは出来なかったのですが今年は昨年の分もリベンジしようと申請していたのです。今年の旗章は紫色で何年か前にも同じ色があったような記憶があります。昨年は大漁が一週間位続き大物を大漁した人がいたみたいです。
CIMG2300.jpg
檜山の制限海域は北はせたな町と島牧村の境界線と南は松前町と上の国町の境界線の間で後志、渡島管内はライセンス制度がないのです。そのため松前町でますを海で釣るのはライセンスが不要なのです。こうして海の上に線引きして規制することは厳密には不可能です。その上海岸からさくらますを釣る人はライセンスが不要な上、不漁年には海釣りより大物が数多く釣れるなど問題点だ指摘されていたのです。こうして多くの問題点がある檜山管内のライセンス制度ですが行政当局は一度決定、実施した制度(利権)を変更しようとはしないでしょう。役人は一度手にした利権は離さないという習性?があるからです。こうした矛盾をすぐに解決できるような柔軟な思考を持った行政なら未来に希望が持てるのですが。
CIMG2296.jpg
そして7日雪が暖気で緩み親父愛用の軽トラでは岸壁に行くことが尻を振り困難になりタイヤショベルを出動させ除雪しました。例年ならW社長がやってくれていたのですが忙しいみたいで親父の出番になりました。この間除雪に為の作業技術のテクニックが供なわない親父は悪戦苦闘しながらも何とかこなしますが作業後の様子は下手でベテランのオペレーターに比べ比べようもありません。やはり経験が物を言う世界です。
CIMG2294.jpg
そしてバケットの雪を海に捨てるのですが岸壁には車止めがついているのですがこのクラスの車止めではタイヤショベルのタイヤには効果ありません。そのため恐る恐る海に近ずくのですが万が一海に落ちた場合のことを考えてしまいます。命はいつあの世に召されても悔いはないのですが買ったばかりのタイヤショベルが無駄になってしまうなどナンセンスなことを思ってしまうのです。タイヤショベルより命が大事なのは道理なのですが。まだこの世に未練があるのでしょう。

スポンサーサイト

<< 札幌雑感 | ホーム | 灯台元暮らし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム