FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

X`マスツリー

CIMG2254_201812220831513cd.jpg
ホテルの閉鎖など暗いニュースの続く島の現状ですが島の若者がフエリーターミナルにX‘ツリーを飾ったという話を聞き、なにもすることのない無職の親父は札幌の孫に思いをはせ急遽X‘マスツリーを飾ることを思いつきます。実は昨年の12月25日夜病院へ行ったあと親父は記憶はなくなり今年の1月5日頃まで眠り続けその間の記憶がないのです。ですから親父の年齢は同級生に比べ1歳若い(どういう計算?)ままなのです。そして倉庫から取り出し作ったのがこちらで旧店舗の隅に作り夜間はブラインドを開け外から見えるようにしてあるのです。以前は屋外に展示してある北前船の錨を土台に利用していたのですが屋外ですと撤収作業が面倒なので吹雪の中でも楽に撤収できる室内にしたのです。老人の生活の知恵です。電球などは3年前にネットで購入した安物なので半分ぐらい電球?が点灯せず廃棄処分したので明るさが足りませんがこれで親父の持っているX`マス用品のすべてでX‘マス用品のすべてX‘マスソングもlなく製作中は演歌いろいろ名曲90選が流れ巷のX‘マスモードとは一味違うシチエーションです。(笑い)
CIMG2245.jpg
フエリーターミナルの休憩所のそばにはにしん街道の標識のあるところですが背景にはカランセ奥尻が見えます。この画像を撮る為久しぶりに夜の奥尻市街地を走ったのですがやはり街に活気がなく寂れ行く未来を感じてしまいます。そうした中でこうした街に賑わいを少しでも取り戻そうとトライする若者が存在することは一筋の光明でしょう!そしてツリーを見つめる熊さんは体形からみてもかってのメタボの親父かもしれませんが、孫が元気で素直に育つことを願いながらツリーをやさしい目で見つめています。もうすぐ恐怖の25日がやってきます。この25日を乗り越えると親父も新しい未来が見えてくるような気がします。
スポンサーサイト



<< 船底掃除 | ホーム | 冬装備 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム