FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

10億カモン

CIMG2231.jpg
親父島の郵便局ではじめての宝くじを買いました。実は天候の悪化が予想されていたため函館での忘年会に出席した際に函館か札幌で買おうと思っていたのですが、昨日認知症を患う家族の方の悩みを聞き一刻も早く島に老人施設を作ろうという思いに駆られたのです。宝くじの販売本数からして大都市で購入したほうが確率から言っても当選確率が高いだろうと思っていたのですが、奥尻郵便局に行くと残っているのは連番ではこれだけと言われ7セット差し出されます。ボーナス日支給日だったので売れたのでしょう。親父と同じく10億円に夢をかけたのでしょう。でも認知症の問題は島では重大な問題です。その患者さんだけでなく家族の問題も悲劇です。話す方も聞く親父も涙をこらえるえることが出来ませんでした。その内容は{夫の後始末}で書かれていることとほぼ同じで近過去の記憶から失われると言う内容と同じで、親父もいづれ吾が身が襲われる可能性が十分にあるのです。認知症と脳梗塞と言う最強のコンビなのです。もう生きる屍であり廃人同様で生きる望みももてません。そして残された家族にまで病魔が襲い涙なしには語れない悲劇が襲うのです。たとえ確率が0.000000001%でもあるなら10億ゲットして老人施設の一助にしようと郵便局に行ったのす。そしてフエリーは三日半欠航なので思い立ったら吉日と言いますのですぐに買いに行ったのです。実は親父10億円以外当選しても他はいらないと豪語していたのですが取り消しまして、10億以外はunisefu のブルーギフトキャンペーンに寄付することを決めたのです。
CIMG2228.jpg
子供たちへ、命を守り、成長をささえるブルーギフトを、あなたからも。というキャンペーンなのですが未来を担う子供たちへの支援なのです。親父の目的のためには最低でも10億円が必要でそれ以下では実現することは不可能なのです。
CIMG2230.jpg
このスクールバッグは15個で5900円、栄養治療用ミルクが8400円で90袋用意され子供たちに配られるのです。飽食?の日本にて子供たちに未来をあげることが出来るのです。気休めに過ぎないかもしれませんが今でも出来る支援なのです。返るあてのない北方領土のためにソ連に多額の経済援助をあたえるぐらいならこうして難題に苦しむ奥尻をすくえというのが親父の考えでもし俺が総理大臣なら10億円ぐらい内閣官房費から秘密資金を提供するでしょう。施設をつくってもその運営には相当の困難を伴うのも承知しています。函館でも施設はできてもスタッフが集まらなくて閉鎖している施設もあることは知っています。先日島で不幸があり葬儀にきた島出身者と話す機会があったのですがそうした施設が出来たらボランティアでも手伝いに来ると言ってくれた人がいました。悲しみの席上とは言えありがたいことです。施設さえ出来ればボランティアを募り外国人技能生でも喜んで受け入れあらゆる方法で解決することは可能だと思うのですが?奥尻町は町民の願いを把握しているのでしょうか?庁舎建設より老人施設のほうが優先順位が高いと思うのですが?
スポンサーサイト

<< 警告! | ホーム | 初出動 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。道路より港より老人のための施設が早急に必要だと思うのですが。都会のように隣の町まで2,30分で行けるのであればいつでも面会できるのですが島なら面会にも最低二日間必要なのですから。卒塔婆小町さんのネーミング?素敵ですね。知識の豊かさが偲ばれます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム