FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

錦鯉その後

CIMG2180.jpg
放流してちょうど一ヶ月がたった鯉(これは昭和三色?)と推測されますが上二尾は金魚で下二尾はドイツ鯉です。親父最もポピュラーな三色セットを購入したのですが昭和三色と大正三色との違いがいまいち良く理解できていないのです。昭和三色は大正三色と比べて黒が多いぐらいの違いしかわからないのです。鯉の愛好家にとってはその優劣が簡単にわかるのでしょうが初心者の親父には全くわかりません。日本シリーズで敗れたカープ党もかわいそうですが幼少の鯉のうちから容姿で判断されてしまう鯉もかわいそうです。この下のほうのドイツ鯉は鱗がないのが特徴で池には数匹いるのですが魚なのに鱗がないとは?不思議ですよね。そして三尾のうち大正三色と見られる一尾は親父に似て人見知りみたいなのです。
CIMG2168_201811141114088bf.jpg
放流後しばらくその存在を確認できなかったのですがここ一週間ぐらいで岩の陰に隠れるようにしているのを見ることが出来るようになったのです。そのため群れに混じって泳ぐことは最近ようやくきることが出来るようになったのですがやはり普段は岩陰に隠れるようにじっとしていることが多いのです。そのためえさをあたえても餌に飛びつくようなこともありませんしやはり親父に似て大人しい?のです。生き物は飼い主に似るといいますが親父に似たのはこの一尾だけですからこの例えもあまり信用おけません。今の水温は12度くらいでやや低いと思いますがもう少し水温が高い方が成長を望めるのかもしれません。湧水を使用しているのでもう少し水温が高いほうが良いと思うのですが。
CIMG2177.jpg
そして前回もアップしましたが未確認魚です。白い鯉のすぐ前を泳いでいるのがその魚ですが計三尾いるのが確認できました。親父買ってきた記憶もありませんので自家繁殖したものと思われますが昨年にも見た記憶があるのですが色は黒で魚体形は鯉形で金魚体形ではありません。突然変異した新種の鯉ならば親父大儲けするビッグチャンスなのですけれど?無職になりいかに儲けるかを考えている親父ですがまだ住所があるだけでもましでこれが住所不定?無職・前科何犯がつくようになると親父もこの世の終わりです。
スポンサーサイト

<< キナンポ土木 手直し工事 | ホーム | ピカピカの一年生 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム