FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ピカピカの一年生

CIMG2162_201811080616561d9.jpg
親父昨日不燃物のごみ捨ての帰り消防署も前を通るとピカピカに光輝く洗練された新しい消防車を始めてみました。いままでの武骨な印象の消防車と違い流線型で今風なやさしい感じのする消防車というのが第一印象でピカピカの希望に燃える一年生という感じです。いままでの消防車は平成4年に配備されたすでに26年も経過し部品の調達も困難になっているそうで、配備翌年に起きた北海道南西沖地震で活躍したそうですがこうした特殊用途車が活躍することがないように望むものです。赤色回転灯も流線型系の車体に合わせスマートな形状で全灯した状態を見た状態を見てみたいものです。(なんと言う不謹慎な!)
CIMG2161.jpg
そして車体横にはOKUSHIRIとかかれていますがこの書体も今風で官公庁のようなイメージではありません。そしてOKUSHIRIの文字の下には波をイメージした線が引かれ奥尻をイメージしていてぴったんこカンカンです。こうした柔軟な発想がこれからの社会に求められるのでしょう。CALL119なんて親父の年代には洗練されているなあと思ってしまいます。いたずら電話が増えないか心配ですが念のため言えば島から119番しても檜山広域消防本部の江差につながりますので。過去に島で事故による火災が起きた際地元の人が場所はなべつるだ!なべつるだあ!と電話口でさけんでも消防本部では瞬時に理解できなかったということを聞いたことがありました。そしてこの消防車新兵器を装備しているのです。水に特殊な薬剤を混ぜ泡を作り泡で消化するのだそうです。火は酸素がなければ燃えることが出来ませんので泡で空気を遮断すれば燃えることが出来ませんから理にかなった消化方法です。そして親父の自宅にも
CIMG2165_20181108065418a85.jpg
新しいもの好きの親父がかなり前に買い階段のところにつけていた家庭用特定消化機器がありました。そして今この商品名(投げ消すサット119)という商品を見てみると品質保障期間が2014、11月で切れていますのでかなり前に買ったものなのでしょう。当時この商品の説明には六畳間をこの商品一つで消化できるというのがキャッチコピーだったのですがこれも泡を利用した消化材だったのです。手りゅう弾のように火元に向かって投げるものなのですが火元に向かって投げなければ効果は期待出来ないそうです。親父かなり前に購入したこの商品、今日メーカーに電話してあたらしい薬剤を購入しようと思っています。どうですか親父脳梗塞になる前は結構革新的?先進的?だったのですよ。
スポンサーサイト

<< 錦鯉その後 | ホーム | W会長の鱈釣り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム