FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

船のリモコン修理

CIMG2102.jpg
以前から調子が悪くリモコンでの舵が効かなかったのですが親父ついに直す決意をし本体を取り換える事にしたのです。そして今日本体が来て取り付けてもらったのですが親父の機器は20年以上前の代物なので部品がなかったのです。その為新しい機器を付けたのですが古いリモコンとの接続が出来ず部品待ちなので多分一週間出漁が出来ないのです。幸い鱈釣りはいつもの場所は鱈が釣れずサメに襲われているそうです。そして待望のほっけ釣りもその日によりばらつきはあるそうですが釣れてきたそうです。この時期のほっけはオスは脂が多く非常においしいので人気があるのです。
CIMG1531.jpg
これが昨年写したリモコンなのですが一番上が前進、後進をするダイアルで今は前進状態、上から二番目のダイアルはエンジンの回転数を操作するダイアルで一番下が舵を操作するダイアルで現在は真ん中状態ですがこのダイアルの左右が動くのですが肝心の船の舵が動かないのです。親父最初はこのダイアルの不調で簡単に直ると思っていたのですがリモコン本体が壊れていると知り直すべきか否か真剣に悩んだのです。部品交換位なら悩まないのですが古いので交換部品はなく本体交換しか直す方法がないと言いまたその価格の概算を聞きまたビックリなのです。船の部品は生産する数が少ないので高額なのです。後部甲板に操舵装置とリモコンをセットで取り付ける事も考えたのですが親父もう船にお金をかける事はもうないだろうと思い本体取り換えを決めたのです。老い先短い親父としてはもう船にお金をかける余裕もないのです。
CIMG2095.jpg
新しいリモコン装置の本体ですがもう電子機器でして親父の理解を越えていますが直す人は一生懸命取説を読んでいました。そして新しい部品は今日は土曜日の為注文は出来ず月曜日に発注して到着次第修理すると言うので来週前半は出漁できそうにありません。鱈も命拾いして喜んでいるかもしれません?鱈釣の場合は海上を根の上で根から外れないようにに操舵しながら根の上を維持する為、親父の船の場合はリモコンは必需品なのです。それとももう一人の操縦者を乗せて行き操縦してもらうかの方法しかないのです。0.7~1マイル以上の潮が常時流れている宮津沖の根ではポイントを維持する事が釣果を決めるのです。

スポンサーサイト

<< 自衛隊協力会パークゴルフ大会 | ホーム | 青苗PG愛好会10月月例会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム