FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

希望番号

CIMG2064.jpg
先日廃業届けを提出したついでに自家用自動車協会に提出していた希望ナンバーを受け取ってきました。親父ボケ老人になってもこれなら忘れる事はないだろうと思いこの番号にしたのです。この番号を忘れるようではもう車を運転する資格がないも同じです。親父希望ナンバーとご当地ナンバーを勘違いしていたのですが函館陸運支局管内にはご当地ナンバーはないみたいで北海道では知床ナンバーはあるみたいです?そして自家用自動車協会内の壁には見本のナンバーがたしか三種類位飾ってあったのですが親父見て一番派手なのを選んだのです。目立つナンバーをつけて悪戯されたらどうしようなどと逡巡しながら選んだのがこちらです。近くから見れば中央から後光がさしているようにもみえますが遠くからみれば普通の白色に見えるのです。このナンバー函館支局管内ではすでに出回っているみたいなのですが親父まだ見た事がありませんでした。そして昼食時蕎麦屋さんの駐車場に車を止めるとサラリーマン風の二人が車に近寄って興味深そうにみていましたからまだ珍しいのかもしれません。
CIMG2066.jpg
そしてナンバーの右上についているマークが東京オリンピックのマークですが、オリンピックマークとパラリンピックの二種類があり車の前後どちらにつけても良いそうです。二枚セットになっていますが親父パラリンピックマークを前につけたかったのですがきずいたときはすでに遅く封印された後でした。親父残された車すべてを同じ番号にしようと思っているのですがこのペースで体調が進めばもう車を買う必要がないだろうと判断しているからなのです。
CIMG2063.jpg
残された軽四輪のナンバーもレンタカーから自家用車に変更しに軽自動車協会にも行手続きをしましたがここでも事務職員が凄く親切で手続きが無事完了しました。レンタカーの廃業書類の提出は運輸支局輸送課に届出したのですがここも親切でとても国土交通省の役人とは思えませんでした。世間から冷たい視線を浴びている国交省ですが末端の職員は第一線で真面目に働いているのでしょうが偉くなり政治家との付き合いが増えてくると忖度してしまうのでしょう。どこかの役所ももう一度初心に帰りやり直したほうが良いみたいです。
CIMG2065.jpg
そして親父が驚いたのがこのナンバーの色なのです。親父の頭の中では軽四輪は黄色と決まっていたのですがこれは軽四乗用車なのですが番号票は白色なのです。軽四輪と判別するのは583という数字のみです。恥かしい話が今までの親父の常識が過ちだったのです。プロとして恥ずかしい限りです。やはりこうした世の中の変化に対応できていないと言う事はやはり廃業という選択が正しかったという事でしょう。老兵は消え去るのみ!
スポンサーサイト

<< 高級車?車庫完成 | ホーム | 終活に向けて第二弾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム