FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

単独出漁

CIMG1928.jpg
一人では絶対海へ行くな!と厳命されている親父ですが、三時から目覚め何もすることが無い親父は上官の命に逆らい、トロ凪に負けそうっと家を抜け出し五時40分に隠れるように出港しました。往復三時間の釣果ですが今回も良い形の鱈が釣れました。潮の流れは上潮で0.7~8マイル位でちょうど良い潮です。今回は普段お世話になっている檀家さん用で無理をしないと決めていたのですがやはり良いポイントでは五本針に四本の良い形の鱈が喰いつきポイントによっては一本も釣れないと言うばらつきがありました。ちょうど娘さん家族が帰省していると言う家庭には大変喜ばれたのですがこの四本の鱈を釣り上げた時親父の体に異変が?
CIMG1924_20180822090659d3b.jpg
水面までは電動リールが巻き上げてくれるので苦労は要らないのですが水面から船上に上げるのに力が必要なのですが二本目までは順調に引き上げたのですが後二本が良い形で重くて引き上げる事が出来ないのです。親父健常な状態であれば簡単な作業なのですがやはり長期間の療養?みたいな生活で体力が落ちているのでしょう。揺れる船上での作業で何とか一本も逃がさず上げる事ができましたがその後と腰と左太ももの裏側に異変が。親父のいつもの急所が痛み出し揺れる船上でびっこ?引いて歩く状態になってしまい帰る準備を始めると?
CIMG1927.jpg
後40mという所まで巻き上げると急に電動リールがストップし今度は急に巻いているラインがどんどん出され巻き上げる事ができません。ちょっとして大型のぶりか、マグロかとも思いましたが。引き出される方向が底ではなく横方向に引き出されるのでサメかシイラではないかと思いラインが190mまで出された状態で仕掛けを切る事にしてラインをクリートに結びます。すると直ぐに切れラインは無事でしたが16号のハリスが切られ被害は最小限でくい止められました。沖の根にはもう二艘程いたのですが帰ってから話を聞くとやはりサメに仕掛けを取られ釣りにならなかったと言っていました。ようやく帰港して鱈を檀家さんに配ると皆さん親父の歩く姿をい見て何した?90才の爺より歩き方が悪いと言われますが二日間の静養で今は平常?に戻りましたがやはり体力の無さを痛感した単独出漁でした。半年で15キロも痩せるるとこんなものでしょうがスリムになる事も問題あり?です。
スポンサーサイト

<< キューイFの棚の倒壊 | ホーム | 孫帰る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム