FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

田中さんからの贈り物

CIMG1903_201808170457226f3.jpg
5,6年位前まで毎年数回ずつ島に釣りに訪れる田中さんという釣人が函館にいたのですが、一週間位前突然電話がありました。親父の携帯の登録は(田中釣り)となっていましたのであっ、田中さんだとすぐに分かったのですがあまりに久しぶりなのでどうかしたのか?尋ねた所転勤になり現在は埼玉県に住んでいるとのことです。そして現在は結婚をしていてやはり釣りは楽しんでいるみたいですが、当然ながら独身時代のように釣り吉のような生活は出来ないようで奥様に使わない釣り道具は処分しなさいと言われているみたいなのです。それで親父に電話してきていらない仕掛け、道具を貰ってくれないか?というのです。親父は即座にはいお願いしますと答えます。実は最初のソイ釣りに出かけた時親父は中爆釣で田中さんはようやくと言うレベルだったのですが親父の仕掛けを見た田中さんは仕掛けを工夫し再チャレンジをしに来て爆釣したのです。この時は南西の風で2m位のうねりがあり操業出来るぎりぎりの状態だったのですがこの時はまだ親父も若かったので怖い物知らずで頑張れましたが帰港後田中さんに聞くとやはり怖かったと言っていました。現在ならば時化に船は耐えられても体が耐えられません。
CIMG1904.jpg
そして釣り針と鉄筋錘ですが親父今使用している錘は全て鉄筋錘なのですが田中さんから紹介されて購入したものなのです。まず費用が安いのが一番なのですが海に落しても鉛と違い鉛害をおこさず環境にやさしいという事なのです。反面海水での使用ですから錆びやすくボートが汚くなると言う欠点もあるのですが。田中さんの話ですと本州の乗合船は全て鉛の錘で重さも統一されるそうです。多分他の釣り客とのお祭りを防ぐ為でしょうが本州での根魚釣りは釣れても数匹のレベルで一、二匹というレベルだそうです。そして田中さんの工夫は針の形にも現れていて二本針の孫針に根掛りを防ぐ工夫が考えられていて針先が内側に曲がっていて根掛りしないようにしているのです。そい釣りは岩礁地帯ですから当然と言えば当然ですよね。そして田中さんは魚についても知識が深く良くソイには身に黒い粒のようなものが入っていて皆さん虫と勘違いしているようなのですが、あれは虫しではなく海鳥などの糞などをソイが食べるそうなのですがソイは海鳥の糞を消化する能力がないのでそのようになるのだ?と説明してくれました。でもあまり気持ち良いものでありませんよね。田中さんありがとうございました。またいつか親父の元気な内にソイ釣楽しみたいですね。あっそれと釣りより奥様と家族を大事になさってくださいね。間違っても釣りバカ日誌のハマちゃんのようにならないように!
スポンサーサイト

<< 孫帰る | ホーム | W会長の釣り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム