FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

孫が来たあ!

CIMG1845.jpg
8月2日札幌から夏休みに入った幼稚園児の孫がやってきました。フエリーの船窓から出迎えの親父の姿をみると手を思いっきり振ってくれますが親父この光景を見ただけでうるっと来てしまいますが涙をこらえ平常心を保ちます。見送りで涙する人はいますが出迎えで泣く人は居ません。みな笑顔ですから。実はこの1週間前妹と弟が帰省し妹が孫の所に顔を出したら孫の壮希がお爺ちゃん元気だった?と聞いたそうです。孫にまで心配をかけている親父はどんな存在なのでしょうか?このONちゃんは南西沖地震の25年に当たる今年取材に訪れたTV局のスタッフから取材に協力した御礼に頂いたマスコットなのですが孫達の前でいざONちゃん体操をしようとすると見事失念してしまい恥じをかいてしまいました。忘れてしまうのも脳梗塞の後遺症なのでしょうか?
CIMG1843.jpg
親父の象徴?だと思っている北前船の最大の錨の前の簡易プールで遊ぶ二人ですがこの後簡易プールでは満足出来なかったのか二人はいよいよ海デビューです。長男の壮希は水泳教室へは行っているそうですが泳げるのか?と聞くと両腕に浮き袋みたいな物を付けて泳いでいるそうでそれならまだ泳げる内に入らないと思う親父です。親父達の時代は見よう身真似で海水を飲みながら犬かきから覚え潜ってウニを採っていたような気がします。高学年になるとアワビを取れるようになりうらやましく思っていたものです。長男の壮希は案外おっとり気味で素直な性格なのですが次女の早希は長男を見て育っているせいか積極的な性格のように見えるのですが二人とも親の言う事を聞くようでダダをこねるような事はしません。多分親父の長所を引き継いだのでしょう?理想は長所は継承し短所は切り捨てるのがベストなのですが。居間に飾ってある孫の写真を見て友人のO君は人を疑う事のないような素直な顔をしている?これなら都会の荒波の中で騙されそうな気がする、と言い親父を不安な気持ちにさせるのです。親父健常な状態なら孫をいじめるような奴は懲らしめてやる事も出来るのですがこのような無様な状態ではどうする事もできません。夏に帰ってお店を手伝うと言ってくれた店内もなにもない空間になりかけっこしようと言う孫の声で走ってみますが簡単に負けてしまい今日は筋肉痛に喘いでいます。無理するなと常に言われているのですが孫の前ではつい無理してしまうのです。孫は時間とに成長し親父は日ごとと共に衰弱する身ですから仕方たありません。孫の成長は生きて行く上での糧になるでしょう!
スポンサーサイト

<< 孫と遊ぶ | ホーム | プチドライブ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム