FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

日本一旨いウニ漁始まる

CIMG1807.jpg
今朝海栗前地区で水揚げされたばかりのウニですが一人50キロまでと制限されていて浜には漁協職員がいて計量していました。海栗前(ノナマエと読みます)は字のとうり岩礁地帯で藻場が形成されていて海栗採りのメッカなのです。その為東海岸に居る漁師は船をこの地区に船揚場まで持ってきていてここから毎朝ウニ漁に出かけるのです。
CIMG1808.jpg
そして浜にはこのように計量器が置かれ一人一人採ってきたウニが計量されるのです。揺れる磯船の上では正確な量目が分らない為陸上で正確に計るのです。秤に後ろの黄色い籠にウニがみえますがこれが計量オーバーしたウニだそうでこのウニも有効に活用されるのだそうです。かなり前は大まかに籠一つと決められていたそうですが籠に詰め込めるだけのウニを詰め込もうと磯船の上で籠にウニを詰めその上で人間がジャンプして多く詰め込もうとしたところ磯船が揺れ海中に落ちたという話を聞いた事がありますが海栗の価格を考えればありうる話です。
CIMG1810.jpg
うにの身採りの様子ですが正確な値段はまだ分りませんがキロ11,000円位ではないか?と言う話でウニの実入りは17~20%位といいますので実入りのよい藻場ですとなんと10万円?にもなりイカ漁が不振のいま漁家の大切な現金収入なのです。そして今回の大雨で東海岸から西海岸の稲穂へ行く道が通行止めになりウニ取りが危ぶまれたのです。
CIMG1809.jpg
大雨で山の斜面がくずれ応急処置をして通行可能になりました。宮津地区と勘太浜の間の道道なのですが落石防止ネットを張ってあるその上のほうから崩れたのです。ここの応急処理が間に合わなかったらウニ採りの解禁が遅れた可能性もあったのです。東海岸から野名前地区まで行くためには大幅な回り道をしなくてはならずうにの鮮度に影響を与えるからです。
CIMG1811.jpg
そしてこれが奥尻のウニは日本一旨いと言われる秘密兵器です。聞いた話ですが食品衛生法では食品を洗浄するには水道水を使わなければならないと決められているそうで本州や北海道では水道水で人工海水を作りウニを洗浄するのだそうです。しかし離島では簡易水道が多い為海水を殺菌した水の使用が例外的に認められているそうです。そしてこの装置は海水を紫外線とオゾンで殺菌している為海水の風味が失われない為奥尻のウニは美味しいのだそうです。これはこの装置を作っているマリーン企画の社長から聞いた話なので多分本当でしょう。島のウニ採り漁家には全て設置されているそうです。島のウニには美味しい理由があったのです。そして島は8月上旬までウニ採り一色になり島の短い夏は終わるのです。皆さん日本一美味しいウニを食べにいらしてください。
スポンサーサイト

<< 援軍来たる | ホーム | 老舗寿司店の休業 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム