FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

地域安全学会‘18春季奥尻大会

DSCN0279.jpg
26日奥尻町海洋研修センターで地域安全学会春季奥尻大会が開かれ、現在無職で暇を持て余している親父が祐季ちゃんの晴れ姿を見に行ってきました。祐季ちゃんは家の長女と同級生で近くに住んでいたので良く知っていたのですが島に何度も研究の為訪れていて発表の場などもあったのですが親父仕事が忙しく見る事が出来なかったのです。そしてようやくリタイアする予定の目途が付きこれからはいろんな興味ある事がらには積極的に参加し、いままでは週刊誌と新聞位しか読む習慣がなかったのですが読書する時間も出来そうです。しかし親父の頭脳は初めの30分位しか記憶能力はなく後は惰性で聞いている状態で、記憶能力の劣化が著しく低下していました。脳梗塞後のリハビリでは記憶能力のテストもあったのですがその結果は年齢相応、若干上と言うもので後期高齢者の仲間としては相応なのでしょう。
DSCN0274.jpg
そして階段席上から見た我らが祐季ちゃんですが長い研究生活で学んだのでしょう立派にコーディネーターを務めあげ時にはユーモアも交えて進行を務めていて会場には笑いもありました。小学生時代を知っている親父には想像以上に立派に成長した研究者の姿がありました。そして固苦しいと思われていたこうしたシンポジームも会場は何度も笑いに包まれ島の釣り名人の仲間入りもまじか?の学芸員によるレポートも笑いに包まれながら、島の婚約者?の話には隣の研究者も声を上げて笑い1400年前の恋人の話に会場は引き込まれ素晴らしいレポートでした。コーディネーターとの掛け合いもウエット?機智にぼ富んだもので大変勉強になり人間として大きく成長している事が感じられました。
DSCN0278.jpg
パネリストの高校生2名と稲垣学芸員ですが親父稲垣学芸員が背広を着て決めているのは多分初めて見る姿?です。高校生二人の発言も立派なもので親父自分の高校時代を振り返って見ると恥ずかしくなります。団塊世代ですから親父の場合は男子高で一学年10組あり一学級60名もいて理念は立派なのですが荒れる学校でした。ですから奥尻高校生の立派な発表態度、鋭い質問、そして聴講する生徒の態度本当に素晴らしいものでした。自分の過去を思い出し恥ずかしくなります。来年小学校に入学する孫の壮希も高校生になるまで親父が生きていたらぜひ奥尻高校に進学させたいのですがその頃は間違いなくこの世に存在しないでしょう。
スポンサーサイト

<< 日本国と日大王国 | ホーム | 両マリンクラブカレイ釣り大会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム