FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

特大桜マス

IMG_6638 (640x480)
4月20日島の西海岸で釣り上げられた特大桜マスです。全長64センチ重量5.38キロあり親父の推計では体高30センチ以上あるようにみえます。この上のマスで2.5キロだそうですから大きさがお分かりいただけると思います。今年は例年になくマスが釣れ第一陣は2月ごろ釣れ始めそして四月中旬になって西海岸で釣れ始めたのです。この特大マスの釣れた場所は岩生地区といい島の西海岸でいつも季節風が吹きよほど良い凪の日でなければ出漁できないのですが釣り人のSさんは二時頃出漁し空が明るくなりかけた四時過ぎにヒットしたそうです。最初はそんなに強い引きではなかったみたいですが黒い海から銀鱗の魚体を光らせ上がってくる漁体を見て興奮を覚えたそうです。この岩生地区は以前水力発電所があった場所で島内としては比較的水量に恵まれている河川で発電所があったころは陸路でも行く事はできたのですが今は廃道になった道を徒歩で行く事しか出来ないのです。親父も以前マス釣りをしていた頃は川の近辺はマスが釣れる、川に帰ってくると聞き河口周辺で重点的に釣りをしたものですが当時は海岸で釣りをするアングラーを見かけ良くこんな所まで歩いて来るなあと思ったものです。その後この岩生川が渓流釣り雑誌に紹介され東京からのフライ専門の釣り師が訪れた事がありましたが其の後島の渓流釣りはミンクの異常増殖により川魚がいなくなったそうで渓流釣りの人達を見る事が少なくなってしまいました。渓流釣りの最盛期は平成14年頃で親父がレンタカー業を始めた頃で渓流釣りに行き人に車を貸すときは無事帰ってくるまで車が傷ついていないか?心配だったものです。この特大マスを釣り上げたSさん大変器用な人で海に山にオールラウンダーなのです.親父パークゴルフ場の整備時Sさんのまきりをみてその輝きに驚き触るのもビビリさらに鞘まで自作していたのです。これにくらべて親父の船に備えてあるまきりは錆びで黒くなりブリや鱈のエラを切るにも全力を注がなければならないのです。こうした道具に対する繊細さが釣果に繋がるのでしょう。
スポンサーサイト

<< 終活に向けて第一弾 | ホーム | 俺流リハビリ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム