FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

俺流リハビリ

CIMG1653.jpg
アルコールを一時絶ち超健康的な早寝早起きの仙人的な日常を過ごしている親父は当然の結果として早く寝たら早く起きてしまいます。今朝も三時に目覚めもう一度寝ようとして目を閉じましたが老人の常で寝る事はできません。仕方なく起きてコーヒーを入れ覚醒しそういえば昨年は連休の頃タランボを食べた記憶があり山へ行く事に決めました。山と言っても自分の山ですから毎年行って獲っているのでお手の物です。そしてボートフックと道具入れえお用意し軽トラに常時積んでいるビニール手袋だけの簡単装備です。島には毒蛇や熊がいないのでだれでも簡単に山に入る事が出来るのです。そして目指す山林に入山しますが杉林の中で薄暗くタランボは見つける事は出来ず五時頃になりようやくタランボを見つける事が出来ましたが自分家の山はまだ早いみたいでまだ蕾の状態でした。
CIMG1651.jpg
そして帰路道路脇に良いタランボを見つけそこへ入るとちょうど良いタランボが木は小さいのですが沢山生えています。タランボ撮りを経験した人はお分かりだと思いますがタランボはある一定の条件の下で生えてきやすいのです。結局ここで大半のタランボを採り今年の初物となったわけです。親父はこのタランボが山菜の中では一番好きでグルメでない親父でもタランボの独特の苦み?えぐみ?が好きなのです。そして山の不整地を歩くので全身の筋肉が鍛えられそして絶妙のバランス感覚も鍛えられ最高のリハビリだと思えるのです。歩くにしても足を高く上げないと草に邪魔されつまずくと転びそうになり転ばない為に全身の筋肉を使いボートフックを杖替わりに使いそして手の届かない所は伸縮自在のボートフックで手元に引き寄せて獲ると言うまさに親父にドンピシャなリハビリなのです。そして単独での行動なので体力のない親父でもマイペースで歩き回る事ができるので無駄な体力を使わずに済むのです。親父入院中は一日も早く常生活が出来るようにとなろうと必死でリハビリし理学療法士の忠告も聞かずリハビリしすぎて翌日は筋肉痛で悲鳴を上げた事もあります。
CIMG1647.jpg
そして山中には強風で引き裂かれた杉の木が見えます。この杉で20年以上経っているのですが日当たりが良くないのと過密すぎる植林の為と手入れが行き届いていない為細いのですがこうした風倒木は今年はいろんな山で見られました。例年以上の強風が吹いた為なのか?それとも山の神が親父の入院にショックを受け荒れ狂ったのか?親父は後者であって欲しいと思うのですが。
スポンサーサイト

<< 特大桜マス | ホーム | 出漁を夢見て! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム