FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Drヘリで函館へ緊急搬送

DSCN0187.jpg
親父三か月の間に二回も入院するという不名誉な記録を作ってしまいました。20日夜パークゴルフの仲間と30年度の準備について皆さんの意見を聞いていると言葉を噛むような症状が現れ熱を計ると39度もありとりあえ病院へ電話し受診OKの了解を頂き21時過ぎ病院へ行きました。そして当直医に受診しましたがその時は脳梗塞の病状はまだ表れていませんでしたが夜も遅いのでそのまま入院という事になりました。この頃の親父の記憶はあいまいなのですが朝早く病室にきた家内が親父の顔を見るなり口が曲っている、よだれが出ていると言うではありませんか!そして左手、左足に力が入らず動かないではありませんか!家内が驚いてDrヘリをお願いすると言って詰所へ向かいそして前回入院した函館脳神経外科へ連絡し受診OKの連絡を頂きました。脳梗塞なら約三時間以内の処置で何とか回復できるそうですがすでに10時間以上経過していてこの時親父最悪の結末を予想していました。そしてそしてこの日の朝食は92歳の母親の見ている前の朝食でこの時すでに左手は動かず茶碗を持つことも出来ず母親の前で無様な様子を見せてしまいます。それでも精一杯の強がりで手伝うな!自分で食べるといい猫スタイルです。その後家内の話では当直医と函館脳外のDrとの会話の後点滴が開始されました。
DSCN0186.jpg
そして11時過ぎDrヘリがファミリーパーク運動公園に着陸し函館へ向け飛び立ちますがこの間約20分位?で運用当初に比べ時間がかなり短縮されたみたいで側には消防車も待機していた見たいです。旧奥尻中学校グランドに着陸していた頃は30分の駐機していてオヤジヘリを見に行って30分の駐機していたら緊急時のヘリなのに意味がないべやと思っていたのですがまさか自分がお世話になるとは思いもよりませんでした。この頃になると親父も点滴が効果を発揮し出したのか?少し冷静になりスマホで機内の様子を撮ろうかと思ったのですがやはり左手が動かず撮る事は出来ませんでした。この日は海は穏やかで天候も穏やかで親父ヘリには初めて乗ったのですが快適な?フライトで約30分?ぐらいで函館東山にある民間建設会社の資材置き場に着陸しそこで待機していた救急車に乗り換え函館脳外へ向かいます。そこでちょうど春休みで帰省する事になっていた孫の顔を救急車出入り口で瞬間見る事が出来ましたがストレッチャーで運ばれる親父を不安げに見守る孫の顔を見て涙が止まらない親父でした。孫の前では常に凛とした存在でありたいと願っていた親父ですが若い時?の不摂生が原因でこのような無様な様子を見せるとは。三か月の間に二回も入院すると言う不名誉な記録を作った親父ですが今回も皆さんの協力で無事生還することができました。そして少しの事、なんでもない事にも感動し直ぐ涙が出てしまうようになってしまいました。つねに涙腺が緩みぱなしになってしまったのです。そしてこの二回の入院で今まで気ずかなかった事見えていなかった事がすこし見えてきました。離島、僻地の医療問題、そして急性期の医療問題、リナビリをふくむ介護の問題など沢山ありますが忖度の現職では無理でやはり俺がやらなければならないでしょう?同じ法螺でも大きなほうが拡散効果はあるでしょう?オヤジ仕事も辞め余生を自由に生きると決めたので気ままに自由に生きさせて頂きますので自由に発言させて頂き自分の良心に忠実に生きたいと思います。
DSCN0184.jpg
そして半強制的に退院した五日の飛行機から見たわが故郷ですが山にはキトビロが顔をだしているはずです。実は親父函館へは病院着のまま行ったので家内に着替えを持ってきてもらわなければ着替えが無かったのです。
スポンサーサイト

<< きとびろ | ホーム | 最強のガラケーからラクラクホンMeへ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム