FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

そしてまた?

DSCN0134.jpg
冒頭から見苦しい画像を見せて恐縮です。親父右ひざにこうした湿疹らしきものが出て国保病院へ行くと帯状疱疹と診断され飲み薬と軟膏を処方されました。実は10年位前やはり帯状疱疹と診断され毎日の点滴で直った事があるのですが今回は軽いみたいです。帯状疱疹のウイルスは体内に生存していて免疫機能が弱っている所、疲労が蓄積している場所などに発症しやすいみたいなのですが親父の場合ピッタリカンカンです。函館で倒れたのが右足に力が入らなくなり倒れたのですから。そして知り合いの看護師さんが高田さん無理したらダメだよ!病み上がりなのだからと忠告してくれたのですが?しかし土曜、日曜の大雪は親父経験したことのない?大雪で人力ではどうする事も出来ない位の大雪でした。その上道路に面した親父の所は道路を除雪した雪が山となりまた除雪した雪を捨てる場所もなくなったのです。そして満を持してトラクターの出番すが今回ばかりは家内も大雪のため黙認です。こうして二日間にわたる除雪で疲れ果てたのです。こうして疲れた状態の為免疫機能が低下しウイルスが活動始めたのでしょう?そういえばA地区のOさんが帯状疱疹で二週間も入院したという話を聞き親父も急いでいそいで病院へ行ったのですがOさんはその帯状疱疹の様子をスマホで撮り親父に見せてくれたので余計にビビっタのです。周囲の人達が異口同音に無理するな、大事にしなさいという意味が初めて理解出来た親父です。昨年暮れからの病魔に侵され続けた親父もなるほど三回目で徐々に症状も軽くなっているのでもう病魔も消え去るでしょう。昨日札幌の友人からメールがきましておやじはまだ運もツキも持っているというメールがきましたが運もツキも使い果たしたのではないだろうか心配になった親父です。
スポンサーサイト

<< 大鷲 | ホーム | 桜マスと大雪 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム