FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

防除(草)作業

CIMG1607.jpg
5日日曜日札幌から㈱ラルクの畑社長が来島し今年最後の広葉雑草の防除作業が行われました。タンポポやクローバーの広葉雑草を来季生えさせなくする為の作業で数日前から落ち葉拾いの為にボランティアの人達がくま手を持ちながら落ち葉を拾い集めていたのです。ラフに落ち葉があるとその下に薬剤が染み渡らないため効果が薄れてしまうのです。そして拾い集めた落ち葉は1か所に集められ発酵され土になり腐葉土を作り目砂となりグリーン、フエアウエイに使用されるのです。さすが全国でパークゴルフの造成、管理を務める畑社長作業の合間にも何度も電話が入ります。パークゴルフは北海道が発祥の地であり造成にかんする優れたノウハウを持っているので全国から引っ張りだこなのでしょう。沖縄にもパークゴルフ場を作ったそうです。冬期間北海道では屋外でパークゴルフが出来ないので愛好家は沖縄までツアーで出かけるのあそうです。そういえばパークゴルフ新聞11月号の15面に奥尻パークゴルフ場の記事が載せられていますのでご覧ください。
CIMG1609.jpg
そしてフエアウエイ、グリーンには雪くされ病予防の為のユキスターと言う殺菌剤が散布されます。いずれも来季に向けての作業ですがいざ運営するとなると大変な作業の連続です。本当にボランティアの皆さんに感謝です。またゴルフ場は数日前の大雨で冠水し水たまりが出来てしまいその水の排出作業も行われましたがそれには親父が考案した新兵器が登場しました。
CIMG1611.jpg
コースの難易度を上げる為に水吐けの悪い場所に池?を作る予定の場所だったのですがこの場所の排水の為に船から水中ポンプを持ってきてバッテリーから電源を取り軽四荷台のタンクに積み込み排水すると言う作戦でこれが大成功でラフを痛める事もなく出来たのです。こうして防除作戦は成功し夜には畑社長を囲んででご苦労さん会が行われましたが芝の管理などに対する質問や疑問が出され、翌日実際にゴルフ場で作業が行われました。皆さん実際の作業をみて納得の様子でしたので来季に反映されより良いパークゴルフ場に近ずく事でしょう。パークゴルフ場の完成には3年かかると言われているそうで満足のパークゴルフ場の完成にはまだ2年もあります。酒席の場でですが狭心症のせいでしっかり自信を失った親父なのですが後最低3年は生きてもらわなければ困ると言いわれ、じゃあ3年後なら死んでも良いのかと反論しお笑いのネタを提供してしまいました。さてPG場の完成まで生きながらえるのでしょうか?虎は死んで皮を残し親父は死んでパークゴルフ場を残すとなるるのでしょうか?
スポンサーサイト



<< 久しぶりの鱈爆釣 | ホーム | 狭心症? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム