FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カランセ奥尻のt耐航力

CIMG1490_20171001080658141.jpg
親父28日一便で函館の病院へ行き29日江差発18時20分のフエリーで帰る予定だったのですが江差に着く頃には強風が吹き欠航になってしまいました。この日は厚沢部町の看板屋さんに用事がありパークゴルフ場の看板を受けとりに早めに江差に行っていたのですが家内から電話があり欠航を知らされたのです。いつもなら欠航というと喜ぶのですが今回は月末でもあり30日はボランティアの皆さんに集合をお願いしパークゴルフ場の最後の準備をする事になっていたので素直に喜べませんでした。江差に泊まるべきか函館に戻るべきか迷いましたが田舎者の親父には函館のような街がちょうど良いのです。薄野の夜の街は明るすぎて親父には似合わず親父には麻生の地下鉄周辺の街がちょうど良いのです。親父の独断では函館の本町と麻生は同じように見えるのです。写真は出港直後の二等船室から見た船首が切り裂いた波の様子です。
CIMG1489.jpg
航海船橋甲板から見た江差方面ですが波しぶきがかかる甲板にはもちろん誰もいません。欠航後の海なのですが船内放送によれば西の風、波高3mとのアナウンスがありましたが平均すると2.5m位で島には10分遅れで到着しました。ピッチングは船の全長、針路方向もあり解消できませんがローリングに関しては全くなく新に装備されたスタビライザーが絶大な威力を発揮しているように感じました。とくにアブローラ奥尻に比べたら顕著です。アブローラ奥尻は良く揺れる船でしたから、今セブ島で順調に運行しているでしょう。そしてこの写真を撮った後親父に悲劇が襲います。
CIMG1501.jpg
今朝起きてみると顔にあざが!上部デッキから下に降りようとしたとき船が上下し親父階段を踏み外し横に一回転し手すりに顎を打ちつけながらも必至で手すりにつかまり膝を打ちながらも転倒を免れます。さすがおやじ抜群の運動神経ですが年齢による脚、腰の衰えは隠せないのでしょう。足、腰を鍛えなくてはなりません。誰ですか?家内による鉄拳制裁だろうと言う人は?自称島で一、二を争う真面目人間にそんな事を云う人は。カランセ奥尻間違いなくアブローラ奥尻を凌駕しています。
スポンサーサイト



<< カニの死骸 | ホーム | 奥尻パークゴルフ場 プレオープン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム