FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アブローラ奥尻最後の旅立

CIMG1063.jpg
今朝7時アブローラ奥尻が函館に向け奥尻を去りました。舫いロープを外しアンカーを引き上げて状態ですがこのアンカーの巻き上げが終わると完全に島から離れてしまいます。函館のドックで整備の後買主に引き渡されフイリッピンセブ島で第二の人生を送るそうです。アインス宗谷も同じセブ島へ行きましたからセブ島へ行けば見る事が出来るまもしれません。その前のフエリーニュ―檜山はギリシャへ売られていきました。親父ニュー檜山の場合は鮮明に記憶があるのです。通訳の日本人からレンタカーを予約され空港へ向かえに行ったのですが通訳以外五人全員外国人で皆大きな旅行鞄をもっていたのです。車中での会話を聞いていると英語ではないみたいで親父の乏しい英語の知識で理解できる単語がありませんでした。そしてフエリーまで直行し興味深げにフエリーを見ていたのです。日本では厳格な船検があり耐用年数を超えて使用できませんが外国では船検なんてものはないのでしょう。アメリカでは車検もないと言う事を聞いた事がありますが本当なのでしょうか?
CIMG1077.jpg
ラフターの手配が付き午後一時赤石港から無事進水でき定係港である奥尻港に係留する事ができました。その後ある漁師さんお所に行った所今日は仏滅だぞ!と言われましたが親父は全く気にしないのです。試運転しながら船体の様子をみますが完全に納得できる状態ではありませんが航行には支障がありません。巡航速度2500回転で20マイル、2800回転で24マイルでいずれも1マイル位遅くなっています。最高回転は3000回転回るはずなのですが5年位前は確か2900回転まで回っていたのですがこれも親父と同じエンジンの老化?なのでしょう。今季も老体と船体を労わりながら釣りを楽しむ事が出来でしょう。急なお願いにも関わらず手伝いいただいたO君K君ありがとうございます。ソイ釣楽しみましょう!
スポンサーサイト



<< JALで行く奥尻島函館の旅 | ホーム | 黄砂 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム