FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ヨットの来島 第一号

CIMG1031.jpg
今朝港へ行くと今年奥尻港に入港しているヨットを見つけました。後ろに見える船はカランセ奥尻です。オーナーに話を聞くと小樽まら沖縄に行く予定で島に着くまでに四日間かかり途中大きなうねりに悩まされ四か所の港で停泊したそうです。危険なので夜間は走らず明日は奥尻から松前港まで90マイルを機帆走する予定だそうです。今日の奥尻は南西の風が強く波も立ち白波が立っていてアブローラ奥尻の最終航海でイベントが行われますが定時に入港できるか心配されます。南西の波風は奥尻海峡には最悪でローリングの繰り返しなのですがカランセ奥尻ならスタビライザーが付いているのでかなり軽減される事でしょう。
CIMG1032.jpg
船体は台湾のターシン社製でキールも付き安心感のある船体です。沖縄まで廻航する理由なのですが北海道のマリーナに係留していると係留費が高く約三か月ぐらいしかヨットに乗れないので沖縄に持って行き沖縄なら一年中乗れるからなのだそうです。その上LCC航空を利用すると12,000円で沖縄まで行けるのでその方が効率的と言うかヨットに多く乗れるのだそうです。たしかにその通りですがやはり凄い人もいると感嘆する親父です。沖縄までは仕事もあるのでマリーナにヨットをあずけ札幌に戻り仕事をかたずけたらまたまたヨットに戻り航海を続けるそうです。親父ヨットと書いていますがモーターセーラーの部類に入るのではと思います。台湾はこうしたモーターセーラーの製造にかんしては実績があり技術水準も高いのです。10年位前志摩ヨットハーバーからKさん M先生が同じような台湾製モーターセイラー夫婦で日本一週中に二艘で島を訪れ歓談した事が思い出されます。五月の下旬頃で親父竹の子取りに行き目を何かで刺し充血し目が真っ赤になった時なのですがM先生に懐中電灯で診てもらった思い出があります。結局異常はなく安心したのです。M先生やはり海が好きでその後お二人で船による世界一周中の絵葉書が届きました。今日の船のオーナーも店の側にある北前船の錨にやはり興味をしめし写真に収めていましたが船好きの人はやはり錨に興味を示しますので親父一生懸命説明しました。共通の趣味を持つ人には力が入る親父です。沖縄までの御安航をお祈りいたします。
スポンサーサイト



<< 頂き物 | ホーム | カランセ奥尻 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム