FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カランセ奥尻

CIMG1026.jpg
今日午後1時30分から奥尻港でカランセ奥尻の内覧会が行われ親父も婆さんを連れて出かけました。港の駐車場は満車状態が続き乗船後も人の多さで進行ストップがかかり島民の関心の高さがうかがわれます。現在のアブローラ奥尻は震災の直後に作られ天皇陛下も乗船した船で、島から江差に向かう時はヤマセの大時化で警備の警察の警備艇は木の葉のように揺れ見ていても気の毒なような状態でした。そしてアブローラ奥尻は重心が高い為か?良く揺れるように感じアインス宗谷はどっしりした感じでアブローラ奥尻より揺れなかったように感じましたが皆さんもそのように言うのです。そして今回のカランセ奥尻は揺れ防止の為にスタビライザーが装備されているので揺れはかなり軽減される事でしょう。親父スタビライザーの付いた船にはまだ乗った事がないので期待大です。
CIMG1014.jpg
今朝のアブローラ奥尻です。
CIMG1018.jpg
内覧時のカランセ奥尻で船体の大きさの違いが分かりますが全長で10m高さがちょうど一階分が違います。トン数で約1000トン増え航海速度も17.5マイルと1.5マイルは早くなるので運行で余裕が出来るでしょう。船内は全体的にアブローラに比べて豪華で18年前の建造の船体との時代の流れを感じます。そしてレディイルーム、キッズルーム、ペットルーム、ベビールーム、パウダールームなでが新設され格段に船旅が楽になります。いままでは子供がぐずって泣いたりすると乗客に迷惑がかかると思い廊下に釣れ出しあやさなければならなかったのです。ペットを連れた人は廊下に毛布をしきその上でゲージに入れたペットと共に座っていたのですから格段の進歩です。
CIMG0998.jpg
船尾から見たアブローラ奥尻の車両積み込みゲートです。そして
CIMG0997.jpg
カランセ奥尻の車両積み込みゲートでその違いが分ると思います。全長が10mしか長くならないのにトン数は1000トン以上も増え頭でっかちの感じがしてしまいます。スタビライザーはローリングには効果ありますがピッチングには効果がないとも聞きますがどうなのでしょうか?港の形状の問題があるかもしれませんが親父のように頭の古い人間は全高を高くするより船体の全長を長くしたほうが冬の大時化には有効ではないかと思うのですが。冬の奥尻海峡風と潮が反対の事が多く波が高い事が多いのです。そんな時一等のアイランドビューシートの乗るには覚悟が必要でしょう。親父は慣れているので大丈夫です。夏はいるかの遊泳も見れて最高の船旅をエンジョイできるでしょう!バリアフリー化されているので体の不自由な人も最高の船旅が約束されて島の高齢化にも対応されています。親父の様な船好きにはたまりません。親父なっちゃんレナ運行二日目函館青森間を6時間で往復しました。青森滞在はわずか30分青森につくなり切符を買いに走りまた来た船に乗って帰ったのです。その時今回のカランセ奥尻にも設備されているGPS画面で自船の位置を確認する画面が客室にも設備され進化しています。しかし順調に運行している時は良いでしょうが時化で大幅な遅れが画面に出ている時は見たくもないでしょう。早く乗船したい親父ですが連休で忙しくしばらく乗船できそうにありません。皆さん18年ぶりに建造された新造船カランセ奥尻に載って島に来てください。
スポンサーサイト



<< ヨットの来島 第一号 | ホーム | ? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム