FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

桜ますは何処へ?

CIMG0968.jpg
今朝は猛烈なやませ風と窓に打ちつける雨音で目があけ寝る事が出来ずこれを書いています。ヤマセと馬鹿息子夜騒ぐと家の婆さんキナンポ親父の若かりし頃を揶揄したのは正解で久しぶりの大ヤマセ(南東または東風)でやはり夜半から吹きだしてきました。そして昨日は嵐の前の静けさというか海上はベタ凪で親父も桜マス釣りに出かけました。先週は大時化でフエリーも二日半欠航したので時化の後前浜にマスが溜まっているのでは?と微かな希を持っていたのです。前日の山での疲れもなんのその五時に目覚め即出漁です。海上にはすでに7隻の船が時化前まで釣れていたとみられる場所で固まって操業したが親父眠い目をこすりながら周囲を見渡しますが釣れている兆候はありません。昔なら情報はパーソナル無線で共通チャンネルで話すので情報を共有できたのですが最近ではパーソナル無線の運用が厳しくなりまた情報が漏れるのを警戒し皆さん携帯を使用するので情報が洩れなくなったのです。ライセンス旗の隣のアンテナがアマチュア無線とパーソナル無線にも使える共通アンテナなのですがパーソナル無線は平成30年を持って使用禁止になります。あっ親父パーソナルの免許も持ってますので心配無用ですよ。
CIMG0971.jpg
恥じかしながら寄港して船を見ると船のスタビライザーになんとわかめが生えているではありませんか。船の稼働率が低い為ワカメの胞子が付き育ったのでしょう。これではワカメの養殖船と言われても仕方ありません。もうすぐ上架する予定なのですがこれでは水の中の魚も親父の船を見て笑っている事でしょう!わかめの生えた船、錆びた釣り針これでは魚も釣れるはずはありません。そしてなぜか7時前に帰港する船が続出しますので親父も帰港すると皆異口同音におさわり(当たり)が一度もなかったのであきらめたと言います。マスが釣れなければせめてほっけでも釣れれば諦めず海にいる事が出来るのですが。桜の便りと共にやってくるから桜マスと言うのですが30年位前あんなに釣れていた時代が懐かしく思い出されます。凪さえ良ければ毎日四時に出漁し7時か8時に帰港し一応仕事して夜は小学生の娘より早く寝てしまうという毎日でしたから。先週の時化で避難していた福島の吉岡の漁船員は渡島半島の何処だかを超えて太平洋岸に行くとマスが大漁だと言ってましたがライセンス制度がある地域では全く釣れずライセンスのない地域で大漁とはなんという皮肉でしょう。ライセンス制度そのもの根幹にかかわる問題です。ライセンス料は鮭マスの増養殖に使われるという説明だったのですが現在桧山では鮭マスの増養殖事業が行われずニシンを放流しているのですから。現在のまでの親父の釣果は三回出漁して550gのニシンより小さいます2本とますより大きなほっけ一本だけの笑われてしまうような貧果です。これからマスの大漁は望めるのでしょうか?たとえマスが釣れ出してもワカメの生えた船はマスに敬遠されてしまうでしょうね。
スポンサーサイト



<< 大時化に注意! | ホーム | 五か月ぶりの山 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム