FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

五か月ぶりの山

CIMG0960.jpg
今年は雪が少なかった為か夏タイヤで山へ行く事ができました。昨年は林道はまだ雪が残っていて山まで行けなかったのですが山はまだブナの新芽も出ていずこれならシイタケの榾木を取る事も出来そうです。親父最近自分の年齢と共に体の老いを強烈に感じるようになり自然界に興味が出てきたのです。一昨年キナンポ土木が作った道路の排水溝枯れ木やブナの落ち葉でうまり道路の上を水が流れた痕跡がありましたがスコップで取り除くとなんとか流れるようになりました。
CIMG0961.jpg
親父昨年排水溝の前に杭を二本打ち排水溝を塞がらないようにしていたのですがこれが仇になったみたいです。このあと山砂をすくいこの場所の作業は完了ですがブナ林の中にこの作業道がありますので側溝全てがブナの落ち葉で埋まっています。親父が生きていた頃は菊を育てていたため毎年秋の終わり頃になるとこのブナの落ち葉を集め菊の土を作っていたのです。その頃の親父は菊など花には興味が無く非協力的だったのですが道路維持のためには落ち葉拾いは良かったのだなあとおもいました。
CIMG0963.jpg
そして昨年植えた青森ヒバですが昨年より15センチ位伸びています。ここは日当たりの良い場所ですので伸びが良いのです。
CIMG0962.jpg
6年前列状間伐して集積された杉材ですがようやく腐れようとしています。完全に朽ち落ちれば肥料になるのでしょうが今は只の邪魔者です。間伐して規格外だった杉材なのですが植林した昔の人はもったいいなく思っていたに違いありません。内装材には問題なく使えるのですが島の場合島外に出荷する場合、輸送費がネックになるのです。
CIMG0966.jpg
そして5年前親父が初めて植林した青森ひばでこれは確か値段が高かったので3年苗だったのですが日当たりの良い場所だった為1m30cm位になっています。親父体型ではなく今風の若者のように真っすぐ上に伸びています。でも平均の伸びたかは10~15cm位です。伸び率が低いほど硬い木材が出来て良い木材なのでしょうが余命短い親父としては楽しみがありません。この青森ヒバは成木となる100年後奥尻島は有人国境離島としてどのようになっているのでしょうか?
スポンサーサイト



<< 桜ますは何処へ? | ホーム | 遊漁船業務主任者講習 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム