FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

AIS奥尻局の設置

CIMG0921.jpg
奥尻レピーターに上に設置した奥尻局です。AISとは自動船舶識別装置の事でAISに加入している船舶の位置情報などをネットを通じて世界中の船舶を全て見る事ができます。アンテナは奥尻レピーターのを利用しているのですがこの度不具合があり取り換えたのです。親父高い所はまるっきりNGでJA8PDI局が全て一人でアンテナ交換や同軸ケーブルの取り換えをしてくれたのです。親父うにまるパークセンタービル5階に相当する屋上に上がると怖さの為足が震え屋上の端には行けませんでした。そして三階屋上にはNHKのお天気カメラが設置されています。
CIMG0923.jpg
これがいつもNHKの放送で流される今の奥尻の様子ですと天気予報の前後に流される画像を撮影するカメラでパラボナアンテナで放送局に送られるのです。これが設置される前NHKの職員から電話があり親父の無線のアンテナで函館まで繋がるか?函館の市内のどの辺が感度が良いか?と問い合わせの電話があった事がありました。それがお天気カメラを設置するための準備だったのでしょう。このレピーター設置場所は海岸から約50m位高い場所なので親父の所より条件が良いのです。レピーターは地震後全国のアマチュア無線の仲間の募金で作られ設置されたものなのですが設置後非常通信訓練をした時は道南全域青森までも通信圏内だったのです。
CIMG0932.jpg
ネットでAISと検索すると全世界を航行している船舶の情報(AISに加入している船舶)をみる事ができます。これは東アジアの今朝の航行中の船舶ですがこの船舶の形をクリックすると船籍、トン数、建造年、全長、全幅、喫水、船の写真までが表示されます。親父のように船好きには堪りません。鱈釣りに行と大型船が近くを通過する事があります。そんな時スマホで検索すると船籍や速度まで分り参考になります。ただ問題は親父まだスマホを使いこなせていない事が問題です。貨物船は10~13マイルで航行していますがこの奥尻海峡を親父の船(最大25マイル)より超早い速度で航行している船があります。新日本海フエリーのフエリーです。この海峡の速度はなんと巡航速力で27.5マイルも出ていました。AISの画像を拡大するとその速力が眼で見て確認できます。そして東アジアの海域では中国沿岸は船舶で埋め尽くされていますが中国の国力の増加が残念ながら推察されます。
CIMG0930.jpg
道南周辺ですが日本海より太平洋のほうが船舶が圧倒的に多いのが分ります。太平洋岸の方が産業が発達しているのがわかります。このAISは大型船が主に加入しているのですが小型船ほとんど加入していないので航行にはやはり目視、レーダーが必要です。海上自衛隊の艦船はこのAISに加入しているのでしょうか?もし加入していたら隠密性は保たれませんから無理でしょう。島のフエリーアブローラ奥尻は加入しているみたいで奥尻港に停泊してしばらくしたら船影が消えました。多分電源をOFFしたのでしょう?また楽しみが一つ増えました。
スポンサーサイト



<< 遊漁船業務主任者講習 | ホーム | 道南うみ街信用金庫 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム