FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

北前船錨の謎?

CIMG0788.jpg
親父の家の横に鎮座する北前船の錨ですが新年早々差出人不明、取扱い局不明の年賀状が親父宛てに届きました。内容は真偽不明ですが多分この錨に関するものなのですが内容は非常に興味をそそられるもので親父の推理では島内在住?の方ではないか?と思うのです。内容からすると明治中頃の話なので多分伝承された内容だと推察されまた文章も整っていますのである程度の年代なのではないか?と親父なりに推定しました。
CIMG0791.jpg
>
非常に興味をそそられる内容ですがこの海象からすると南西の強風が吹き弥右衛門崎座礁するなら状況が一致します。そして親父が飾ってある錨は旧青苗港沖で昭和29年頃引き揚げられた物なのでやはり一致します。しかし千両箱のくだりは?と首を傾げます。当時は船箪笥という凄い丈夫な箪笥に貴重品は入れられていたはずで親父の家にも船箪笥は小さなものですがある(今は親父の薬入れとして使われている)のですが本当に重くて簡単に持ち上げる事はできません。ましては座礁している船上では無理です。親父明治の頃北前船が現在の奥尻空港下で座礁し救助に向かった島民が一人亡くなったと言う話は青苗の住人から聞いた事があります。親父暇になったら調べてみたいと思いますが明治以降は鎖国が無くなったので沈没してもその記録は無くみたいです。江戸時代は鎖国中なので外国へ行けないように錨の重さからロープの太さ、長さまで決められトン数も制限されて沈没などの確認もされていたみたいです。
CIMG0787.jpg
そして地名から親父の名前まで正確ですから多分島内の方と思われるのですが多分伝聞したものだと思うのですが詳しく話をお聞きしたいものです。北前船の話を聞いた事がある人はぜひ親父に話を聞かせてください。来月から仕事に余裕が出来ますので北前船に関する事ならどんな話でも結構です。今も島の回りには沢山の北前船の錨が沈んでいますのでこれも何等かの縁でしょう!興味は尽きません。
スポンサーサイト



<< 進化し続ける奥尻高校 | ホーム | 大雪と係船トラブル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム