FC2ブログ

プロフィール

きなんぽ

Author:きなんぽ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

島の神社めぐり

CIMG0725.jpg
明けましておめでとうございます。いつも親父の拙いブログに訪問してありがとうございます。老い先短い親父は心の健康の為思う事を思いつくまま浅慮せずに発信して行きたいと思っていますので気に留めず訪問してください。よろしくお願いいたします。昨日はお正月とは思えぬ暖かさに棚卸を止め島の神社めぐりに始めて挑戦しました。ここは島の中心部奥尻にある奥津神社です。まず最北の稲穂地区にある鷗崎神社です。
CIMG0720.jpg
急な階段30段を上がった所にありここはシベリアからの季節風が強い為風よけの板で囲まれ正面の左側から入ると神社が見えてきます。CIMG0721.jpg
これが鷗崎神社の正面ですが右側に風よけの囲いが見えます。あの南西沖地震の際はKさんが波に追われながらもここまでたどり着き助かったと言う話を聞いた事があります。
CIMG0719.jpg
そして勘太浜地区にある神社ですが親父神社名を知ろうと周囲を見渡しましたが名前のわかるものはありませんでした。正式な神社ではなく集落の神社なのかもしれません。そして親父このほか名前の分らない神社が四か所もありました。
CIMG0718.jpg
そして島の観光名所にもなっている宮津弁天宮ですがここは急な不規則な階段がたしか168段もありますので元旦から体力を消耗したくないので道路上からの撮影です。ここは昔昔島が犯罪人の流刑地となっていた頃番所になっていたそうです。たしかにここに上がればこの奥尻海峡を通過する船は全て見渡す事が出来るのです。だれですか?親父の先祖は島流しになった犯罪人だろうと言う人は?
CIMG0722_2017010215595764f.jpg
そして東風泊地区にある海洋神社ですがここは鳥居が新しくなり多分地震後被害を受け新しく建て直されたのかもしれませんが神社本体は年代もので鳥居と比べてギャップがあります。ここの階段も49段もあり登り降りは大変なのですがここは手すりがあり案外らくでしたが稲穂の神社は手すりが無く親父の腰、膝では恐る恐るでした。それにしても神社はなぜ高い所にあるのでしょうか?津波から逃げるという先人の知恵なのかもしれません。
CIMG0724.jpg
島の中心部にある奥津神社ですがここは初詣での為に灯りがともされていて参拝者も多いのでしょう。ちなみの親父はこれまでの人生で初詣に行ったことは数度しかありませんが結婚式は神式で足がしびれて参列者の爆笑を買った事があります。
CIMG0744.jpg
そして親父が船の事でお世話になっている赤石地区の保食神社ででここも初詣の為の灯りが灯されています。
そして南部地区に行き松江地区の小彦名神社です。
CIMG0740.jpg
鳥居も立派でこの神社の階段は41段もあります。やはり高い場所にあり神社本体も立派なものです。
そしてあの南西沖地震で津波で有名になった青苗地区には
CIMG0735.jpg
伊勢神宮の解体した材料で作られた言代言神社があります。この原材料は島の運輸会社と建設会社が大型トラックをだし島まで運びそして専門の大工さんが建てたものなのです。この他室津島にも室津島神社がありますがこの時期は当然島に上陸する事は出来ず夏に室津祭りが行われ非常に評判の良いお祭りです。
CIMG0738.jpg
冨里地区にある神社ですがここも周囲を見渡し名前の解かるものを探したのですが見つかりませんでした。
CIMG0730.jpg
米岡地区にある神社ですがやはり名前は分らず参拝者の足跡も数えるくらいしかありませんでした。そしてすぐ側には
CIMG0733.jpg
この地区を開拓した開拓者の碑がありました。
CIMG0726.jpg
島西側で唯一の神社神威脇地区にある神社ですがやはり名前は確認出来ませんでしたが参拝者の足跡は多数確認できました。これで島の神社は全てだと思うのですが名前の分らない神社が四個もありましたが正式な神社ではなくその地区で管理する神社?のようなものなのでしょうか?そして帰路
CIMG0728.jpg
ほや石の滝ですが今年は暖気なので例年のようにしぶきが凍らずあまり綺麗ではありません。寒波が強いと滝から流れる水は強い西風で舞い上がり凍り幻想的な美しさになるのです。自然が相手ですので同じ型美しさはありません。
スポンサーサイト



<< 新年早々の病院 | ホーム | 夢破れる >>


コメント

神威脇の神社も少彦名神社です

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム